他カテゴリ記事を絞り込んで探す

ジャパンモビリティショー 2023 ヤマハ ブース レポート!

  • おすすめコラム
  • 2023.11.08

「ジャパンモビリティショー 2023」のヤマハ ブースのレポートです!

2023年10月28日(土)~11月5日(日)に、一般公開のジャパンモビリティショー2023。

「乗りたい未来を、探しにいこう!」をテーマにした、東京ビッグサイトで開催のビッグイベントです。

会場内には、国内外の二輪、四輪メーカーや、さまざまなモビリティメーカーが出展。

会場で二輪車を展示した、メーカーブースや各エリアをレポートします。

 

今回は、ヤマハの展示を紹介します!

 

ジャパンモビリティショー 速報レポート

ジャパンモビリティショー 2023 カワサキ ブース レポート

 

  • ヤマハ ブースの出展テーマは ”「生きる」を感じる”

ヤマハ ブースの出展テーマは”「生きる」を感じる”。

ワールドプレミアの6モデルを含む、モーターサイクルを多数展示。

 

ステージでは、YAMAHAブランドをともに使用するヤマハ株式会社が音響技術で協力。

ふたつの「ヤマハ」の先進技術を活かした演出を実施。

 

ブースカウンターでは、ステッカースタイルのパンフレットを配布。

 

10月25日(水)には、プレスカンファレンスが行われました。

ヤマハ発動機株式会社 日髙祥博代表取締役社長(左)

ヤマハ株式会社 中田卓也取締役 代表執行役社長

 

内容は下記のページで見られます。

ヤマハ ジャパンモビリティショー2023 特設ページ

 

  • 市販予定車や跨り可能な市販車を展示!

XSR900GP (参考出展車・輸出仕様)

見どころはやはり、新たな外装!レーシーな雰囲気が決まっています。

新設計のハンドルはかなり低く見えるも、実際には軽度の前傾姿勢。

YZF-Rシリーズほど「とんがっていない」が、峠で走りを楽しめる仕上がりの足まわり。

フロントブレーキレバー、クラッチレバー、ステップは位置の微調整が可能。

クイックシフター、アシスト&スリッパークラッチ、クルーズコントロールなどを装備。

 

YZR500(0W70)

XSR900GPが、グランプリ参戦マシンの歴史と精神を表現したモデルとして展示。

 

原付二種125ccシリーズの市販車、市販予定車を跨り可能で展示。

軽量コンパクトで扱いやすいサイズ、維持費や燃費の良さなど経済性も優秀なクラス。

 

YZF-R125 ABS

2023年10月16日発売のロードスポーツモデル。

YZF-R1で培った技術を反映、YZF-RシリーズのDNAを受け継ぐデザイン。

 

MT-125 ABS

2023年11月10日発売のMTシリーズ新製品。

シャープで躍動感のあるデザインに、アップライトな乗車姿勢で俊敏な走りを楽しめるモデル。

 

XSR125(市販予定車)

最新のコンポーネントと、昔ながらのシンプルな水平基調を融合したバイク。

3車のなかでは一番人気ながら「発売は、いちばん最後です」(笑)。

 

  • ワールドプレミアの出展モデルに注目!

モトロイド2 (ワールドプレミア・参考出展車)

モトロイドの進化版モデル。特別に開発責任者(左)、デザイナーの方といっしょに撮影出来ました。

 

人とマシンの新しい関係性を検証すべく「人生の伴侶」というコンセプトで開発。

新たに上方に開く、インターフェース「LEAF(リーフ)」を実装。

バランス制御技術「AMSES(アムセス)」による、自立走行が可能。

画像認識AI用カメラは5つとなり、オーナーの意思をくみ取りながら状態を判断。

走行可能速度も上がり、運動性能も大幅に進化。

 

モトロイド

2017年の東京モーターショーで発表された、初代モデルも展示。

このショーで行われたステージは、大きな反響がありました。

機能を追求したデザインながら、デモでの動きから「かわいい」との意外な反響も。

 

イーラブ(ELOVE)(ワールドプレミア・参考出展車)

「ゲームチェンジング」をコンセプトにした電動スクーター。

二輪車安定化支援システム「アムサス(AMSAS)」搭載で、極低速運転における不安を解消。

スタンダードの展示モデルは、ハンドル下のシステム(操舵アクチュエータ)が見える仕様。

動力用モーターも、極低速では瞬間的に逆回転をして姿勢を保ちます。

 

イーラブ (特別仕様)

原付スクーターで通学する離島の高校生や、プロ車いすテニスプレーヤーとの共創活動で生まれた仕様。

リアボックスなど各種装備を追加。モデルの人が着ているレインジャケットは専用品。

女子高生からの要望は「カッコイイ」を追求するデザイナーを刺激。

フロントサイドのロゴは濡れると模様が浮き出てて、雨の日の沈んだ気分を上げる工夫を追加。

 

二輪車安定化支援システム「アムサス(AMSAS)」搭載の研究用スポーツモデル。

フロントホイール部に駆動アクチュエータ、サス上部に操舵アクチュエータを装備。

 

E-FV (ワールドプレミア・参考出展車)

「電動モビリティの楽しさの追求」を目的に開発した電動ミニバイク。

TZM50R(1993)をベースに、電動トライアルバイク「TY-E」のパワーユニットを搭載。

EV=便利ではなく「スポーツ」を追求したコンセプト。

EVならではの静粛性に加え、マシン上部に「アクティブ・サウンド・コントロール」スピーカーを搭載。

アクセルの操作に連動して、2ストレーサー TZ250をサンプリングしたサウンドが楽しめます!

 

TMW

車両実験部の有志が考案した、LMW初のオフロードアドベンチャーモビリティ。

フロント2輪による走破性と、傾斜時も水平を保つフロント大型キャリアの優れた運搬性が特徴。

前輪はインホイールモーター駆動、後輪はエンジン駆動のハイブリッド車。

 

研究用スクーター(水素エンジン搭載)

125cc単気筒エンジン搭載の試験用研究車両。車体後部に水素タンクを搭載。

小排気量水素エンジンならではの「異常燃焼」問題などを検証。

積載している水素タンク容量は現在の規格には不適合など、実用化にはさまざまなハードルあり。

 

トライセラ(TRICERA)

3輪パッケージのフルオープンEVコンセプトモデル。

3輪&3WSによる新しいドライビングの感動体験を創出するパーソナルモビリティ。

通常操舵はハンドルで行い、後輪のみ単独でパドルによる操舵が出来る「手動モード」も選択可能。

モビリティが自動運転化に向かうなか、楽器と同様の「鍛錬の娯楽化」を追求。

人とマシンの「人車一体感」を深掘りし「操縦することで生み出される感動」を探求。

 

ステージでは、電動トライアルバイク「TY-E 2.2」によるデモンストレーション走行を実施。

全日本トライアル選手権 IAスーパークラス参戦の黒山健一選手が、華麗なテクニックを披露。

 

電動トライアルバイクやモトロイド2が登場する、2種のプログラムをステージで実施。

ブースに着いたら、まずはスケジュールをチェック!

 

 

屋外には電動スクーターの試乗会場!

「屋外試乗体験ゾーン」では、電動二輪車の試乗が可能。

試乗はWEBでの予約が必要(試乗条件あり。試乗時間の3時間前から受け付け)。

E01

原付二種の電動スクーター。実用性と快適性、短~中距離移動(通勤)に適した走行性能。

 

E ビーノ

原付一種の電動スクーター。軽量ボディに、着脱式の新型50Vバッテリーを搭載。

 

 

企業合同展示エリア「Tokyo Future Tour」の「エマージェンシー&モビリティ」に展示。

E02+

新型電動スクーター。交換式バッテリー ホンダ モバイルパワーパック e: を横に展示。

 

「モータースポーツ展示ゾーン」に、レーシングマシン3台を展示。

YZR-M1

FIM MotoGP(世界ロードレース世界選手権)参戦マシン。

 

YZF-R1

全日本ロードレース選手権JSB1000クラス参戦マシン。

中須賀克行選手が2023年シーズン チャンピオンとなり、自身12回目となるタイトルを獲得。

 

TY-E 2.2

全日本トライアル選手権 IAスーパークラス参戦マシン。

カーボンニュートラルの実現や、新たな価値創造に向けた挑戦。

 

次回は、スズキ ブースをレポートします!

 

制作・協力

(取材協力)

一般社団法人 日本自動車工業会

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧
© 2016- AUCNET INC.