TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第23回 スズキ・モードGT

  • おすすめコラム
  • 2017.03.27

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、悲劇のスクーター『スズキ・モードGT』です。

■スズキ・モードGT ■エンジン:空冷2ストピストンリードバルブ単気筒49cc

■最高出力:6.5ps(5.0 kw)/6500rpm ■0.72kg・m(7.1N・m)/6000rpm



1980年後半、バイクメーカー各社は次々とスクーターを発表。

バリエーションもどんどん増え、現在のバイクに続く流れが形成されていきました。


一方、悲しいことにひっそりと消えていったスクーターも数多く存在します。

その中から、今回は1987年にデビューした「スズキ・モードGT」をご紹介いたしましょう。


モードGTで目を引くのは、ホイールを深くカバーするスタイリッシュなエアロフォルムです。

コンセプトモデルのような装飾の少ない滑らかなデザインは

既存の、いや現在のモデルとは大きく印象が異なり、

今見てもとっても斬新。


性格的には、6.5psのハイパワーと50ccとしては大柄な車体を利した

上級GTスクーターという位置づけでした。


しかし、ハイエンドモデルゆえの高価格がネックになり販売は大苦戦。

でも各メーカーからも上級スクーターは発売されていたわけで、

翌1988年にホンダが発売した「リード50」はモードGTよりも高額でした。


となると、やはり不人気の原因は、進み過ぎたエアロフォルムにあったのかもしれませんね。

実際、当時でさえ路上で見かけることは珍しかった記憶があります。


渾身の一台だったのに売れなかった・・・という悲劇の意欲作だったモードGTは、

まさにこのコーナーにぴったりのバイクではないでしょうか。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 23-gt