TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【ツーリング】カズ兄のZ2でGoToドライブ!

  • おすすめコラム
  • 2020.11.05

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】vol.109。今回はカズ兄のZ2でGoToドライブ!三重や大阪まで足を延ばしました!

  • カズ兄のZ2でGoToドライブ

僕が乗り始めてから、約6万km走行したZ2。どんなに走ってもへこたれない、いつも期待を裏切らないバディ(相棒)です。秋は、三重県へ行くのがここ数年の定番。今年もZのデザイナー多田憲正さんを訪ねるのは当然として、モー太郎弁当を製造販売している松阪の新竹商店へ行ってみることにしました。ワンデードライブで、両方へ行くことは物理的に可能ですが、そこはトランキーロ!焦らずじっくり道中の走りも楽しみたい。1ドライブ1スポット、2回に分けて行くことにしました。世間はGoToトラベルで賑わい始めた頃だったので、狙っていたわけではないけれど、その恩恵も受けることに…。やはり、僕にとってZ2は、幸運をもたらすオートバイなのかもしれませんね。


10月某日、気の置けないバイク仲間TOMCATSの面々と、松阪ドライブを敢行。往路は新東名、伊勢湾岸道、伊勢道のルートで、特にドラマチックな出来事も起こらず松阪駅前の新竹商店本店に到着。ぴーちゃんこと、新竹浩子社長に出迎えていただきました。僕自身は、新型コロナに関連する緊急事態宣言後より、何度も宅配注文でモー太郎弁当を食べてきましたが、本店では出来立てホカホカの駅弁を購入できるとの事。そもそも駅弁は、冷めていても美味しく食べられるようにチューニングされていますが、出来立ての駅弁は想像をはるかに超える美味しさでした。メンバー各位も大喜び!創業明治28年は伊達じゃない!ぴーちゃん&本店工場の皆様に感謝です。


関連リンク

駅弁のあら竹

https://www.ekiben-aratake.com/



宿泊先は、創業明治7年の小西屋旅館。松阪牛のすき焼きなど、料理自慢で知られる老舗の純和風旅館ですが、僕はスタッフの心遣いが気に入ってよく利用しています。今回はGoToトラベルキャンペーンの対象店となっていたことから、かなりリーズナブルに泊ることができました。翌朝は、差し入れを携えてぴーちゃんがお見送り。松阪の人は、義理人情に厚い!小西屋の若女将にも感謝です。


関連情報

所在地:三重県松阪市本町2160

TEL:0598-21-7062



2日目は、TOMCATSと親交の深いROSSANAに先導してもらい、パールロードを目指しました。


サニーロードを走って、パールロードをランデブーする紅の狼と2本尻尾の銀猫たち。いわゆる団体合同のマスツーリングですが、お互いに走り方の心得を知っているから、余計な気を遣わずに心地よいドライブを堪能できました。小一時間走って、パールロード鳥羽展望台に到着。しばし景色と談笑を楽しみ、鳥羽のフェリー乗り場を目指します。


ROSSANAの面々とは、伊勢湾フェリーの待機所でお別れ。今回も急な申し出でしたが、快く先導を引き受けていただき感謝です。今度は伊豆でランデブーしましょう!

  • 2回目は大阪経由の多田邸訪問

10月某日、BikeJIN&南海部品コラボのトークライブを、南海部品本店からお送りすることに。それだけなら、新幹線とかシャコタンのマークXで行っても良かったのですが、戻りルートで多田邸を訪問するチャンス!と閃き、Z2で行くことにしました。僕にとってバイク移動はごく当たり前の事で、Z2ならば何ら不安なし。仮に道中でメカトラブルが発生しても、構造が簡単で汎用パーツも駆使できる絶版車だから、何とか補修して帰宅できるという自信もあります。何より、行先が南海部品ですから、パーツ調達には困らない。専用パーツの多い現行車だと、こうはいかないのかな?って思います。未だに壊れやすいから遠出が心配と噂されがちな絶版車だけれど、普段からキチンと整備していれば壊れず走れることは、カズ兄のZ2が証明していますね。


YouTubeウエマツチャンネルの収録日にZ2で行き、ワイヤーケーブル類を全て新品交換しました。これは多田さんを訪ねるにあたり、道中のトラブル要因は無くしておきたいという考えから。「そもそも多田さんを元気づけるべく制作したZ2なのに、壊れた状態で訪問するのは失礼にあたりますからね!」と、ウエマツの加藤工場長。収録の間にバッチリ整備してもらいました。帰路に、ワイヤー類の遊びを微調整。これで準備万端。


関連リンク

ウエマツ

https://www.uematsu.co.jp/



2日分の着替えと予備のマスクをたくさん積んで、一路大阪を目指します。途中、新名神の土山PAにて、予想以上の冷え込みに身も心も震えましたが、レインウェアを重ね着することで問題解決。京滋バイパス、第2京阪とつないで、難なく南海部品本店に到着しました。「ホンマにZ2で来たンですね」と、南海部品本社のU井上氏。ツッコみにくい振りをありがとう!宿泊は、ハートンホテル西梅田。GoToトラベルキャンペーン対象でした。


関連リンク

南海部品

http://www.nankaibuhin.co.jp/



帰路のスタートは、堺のライダーズカフェレストラン・マッハⅢから。大阪まで来てここに寄らないのは、めっちゃ損していると思います。「いらっしゃい!来ると思うてたで」と、マッハマスター。「いつものでええ?」と、トーストのモーニングセット。そうそう、これでなければ1日が始まらないのですよ。いつもお気遣いいただき感謝です!


関連リンク

ライダーズカフェレストラン・マッハⅢ

http://www.kurocco.com/cgi-bin/mach3/



名阪国道を東進、青山高原を越えて津の多田邸へ。「無事到着したね!待ってたよー」と、多田憲正さん。今回は新型コロナウィルスの感染予防策として、屋外でマスク着用の再会方法としました。振り返ればちょうど1年ぶり。短い時間でしたが、おしゃべりを楽しみました。僕のZ2みたいに、多田さんもお元気で!来年またおじゃまします。


今回の帰路も、伊勢湾フェリーを利用。伊勢湾岸道の横風が苦手ということもあるけれど、船が好きで体力を温存できるから、あえて海上路を選んでいます。フェリーの待機所では、カスタムされたZ1と偶然の出会い。多田さんがつないでくれたご縁なのかな?嬉しくなって、オーナーさんと少しおしゃべりしました。伊良湖岬に到着した頃は、すっかり夕景に。帰宅したら、リオくんがお待ちかねでした。オートバイで出かけ、帰宅した時にいつも思うことですが、この子=リオも含めた家族が待っているから、何が何でもブジカエル。この気持ちを忘れることなく、今後もバイクライフを楽しみたいと思います。
制作・協力

■ライター:KAZU中西

フリーランスのモータージャーナリスト。通称カズ兄さん。イベントMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)などタレント業でも活躍。観察分析力に定評があり、開発に携わったバイク用品やカスタムパーツも多数。一方では、二輪車の事故防止&安全利用の最前線に立つ『Mr.事故ゼロ』とも呼ばれている。愛車はスペシャルメイドのZ2他。趣味はプレジャーボートのクルージング。

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す