TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【バイクショップ】新しい風を感じる!カワサキプラザ焼津を訪問

  • おすすめコラム
  • 2020.12.08

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】vol.114。今回は、​カワサキが全国展開している『プラザ』の第1号店としてオープンしたカワサキプラザ焼津へ。工夫を凝らした新しいショップスタイルをご紹介します!

カワサキが全国展開している『プラザ』。車両を販売、点検整備、修理等するだけでなく、カワサキ車のある生活やその愉快さ、充実感を五感で味わってもらえるよう、工夫を凝らした新しいショップスタイルです。大人っぽいというかアパレルショップのようでもある店構えから、ちょっと入りにくいなぁと思う人もいるでしょう。しかし、いざ入店してみれば、広々としたショールームはアロマの香りもあって居心地がよく、スタッフがフレンドリーに応対してくれるし、美味しいコーヒーも提供いただけます。そんなプラザの第1号店としてオープンしたのが、カワサキプラザ焼津。早速行ってみました。


僕自身、プラザに行くのはこれが初めてではないのですが、プラザ焼津は他のプラザと外観からしてちょっと違うなぁと思いました。おそらく第1号店ゆえの意気込みというか、モデル店舗的な位置づけでもあるのかな?そんな風に思いました。入ってみれば、何ともゆったりとした時空間で、展示されている車両同士の空間も心地よく、じっくりと見て回れました。


プラザは、どこでも同じようなサービスを受けられるように、全国ネットワークされている新たなバイクショップ形態でもありますが、店内の演出というかディスプレーには、各店の推しやこだわりが表れています。アパレルショップが推しの気合わせアイテムを展示しているのと同じように、バイクとライディングウエアを組み合わせて展示していたり、バイクのキャラクターを直感的に伝えるディスプレー方法です。少し観点が違うかもしれませんが、僕はバイクに乗るなら自身のこだわりを実現できるかはもちろん、世間の人々からもカッコよく見られたいなぁと思う考え方があるので、特にアパレル系の展示は参考になります。


左から山下マリンさん、飯塚ゼネラルマネージャー、飯塚宗一郎セールス&セーフティライディングインストラクター、中村セールスマネージャーです。飯塚GMによれば「新しいこと、楽しいこと、面白いこと。先陣を切ってどんどんチャレンジしていきたいです」とのこと。今後は新たなツーリングイベントや、ライディングスクールも企画・開催していくそうで、お話を伺っているだけでもワクワクします。皆さんとのおしゃべりがとても楽しく、気が付けば数時間も滞在していました。お忙しい中、丁寧にご対応いただき感謝です。

制作・協力

■ライター:KAZU中西

フリーランスのモータージャーナリスト。通称カズ兄さん。イベントMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)などタレント業でも活躍。観察分析力に定評があり、開発に携わったバイク用品やカスタムパーツも多数。一方では、二輪車の事故防止&安全利用の最前線に立つ『Mr.事故ゼロ』とも呼ばれている。愛車はスペシャルメイドのZ2他。趣味はプレジャーボートのクルージング。

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle =