TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【バイクライフ】たまには自分自身を褒めましょう

  • おすすめコラム
  • 2021.04.16

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】vol.134。長くバイクと共に生きているKAZUさんの言葉は、やはり心に沁みます・・・!

先ごろ4月2日、54才になりました。

10代の頃、50才なんてオジン(死語か?)じゃん!って思っていましたが、いざ自分自身がその年齢になってみると、まだまだ若いモンにゃあ負けんぞ!ってセリフも何となく理解でき・・・ないな(笑)老兵はただ去るのみですよ。

とは言え、喜怒哀楽&様々な事件事故を乗り越えて、この年齢まで乗れているのだから、よく頑張ったと自分を褒めてあげよう。

でも、僕が免許を取って乗り始めた38年前からすれば、バイクの性能は格段に良くなったと思います。当時はWGP500㏄クラスのファクトリーマシンでさえ120ps超で物凄い!と言われていたのですが、今やストリートリーガルの市販車でも200ps超がゴロゴロと…。もはや人間が扱えないシロモノになってきたように思います。

それでも、道路は昔ながらのアスファルトで、春の訪れとともに桜が咲く。俗にいう「往年の良い時代」のバイクと共に、スローペースでバイクに乗れる自分を愉しみたいと思います。

毎年この時期の修善寺は、桜の花舞い散る風情を楽しめます。誕生日一発目の乗り出しは、我が家の旗艦&ヤマハの至宝VMAXで決まり!


つい最近、電装系と点火系をリフレッシュしたので、冬頃より調子良くノンビリドライブを楽しめます。


一旦帰ってZ2に乗り換え。峠を攻める?未だそんなセリフを平然と吐いている人がいますが、時代感が違うよね。今は昭和じゃない、平成を経て令和ですよ。なんて馬鹿げた文言なんだと思います。


むしろ、自分たちの走って楽しい場所は、大切に守っていかないとね!


風に乗るかの如く、軽やかにZ2を走らせる。そんな風に操縦できるようになった自分自身を褒めたいね。年は喰っても僕の進化は止まらない。


進化といえば、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、Z2にもドライブレコーダーを装着しました。


如何に自分自身が安全第一で走っていても、交通ルールを守らないとか運転マナーが悪い人の事故に巻き込まれる可能性があるのでね。


貰い事故で死亡=死人に口なしとなりたくないから、しっかり装着です。


グッドマナーでブジカエルを身上としていますから、愛機のコンディション維持にはわりかし神経質です。


先日、ウエマツチャンネルの収録で八王子のウエマツ本社へ行ってきたのですが、そのついでにリアタイヤとホイールベアリングを新品に交換しました。


残溝としては2mmを切ったかな?くらいでしたが、タイヤのパフォーマンスは残溝が新品基準の50%摩耗したあたりから一気に低下する傾向にあるので、早めに手当てしたというわけです。


おかげで帰り道は走りがさらに軽やか。灯火類のフルLED化も手伝って、夜道のドライブも超安心です。


乗り続ける努力に妥協無し!



制作・協力

■ライター:KAZU中西

フリーランスのモータージャーナリスト。通称カズ兄さん。

イベントMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)などタレント業でも活躍。

観察分析力に定評があり、開発に携わったバイク用品やカスタムパーツも多数。

一方では、二輪車の事故防止&安全利用の最前線に立つ『Mr.事故ゼロ』とも呼ばれている。

愛車はスペシャルメイドのZ2他。趣味はプレジャーボートのクルージング。

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle =