TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【バイクライフ】モーレボ仲間で試す最新シニアカー

  • おすすめコラム
  • 2021.04.30

【KAZU中西の鋼騎馬ラプソディ】vol.136。今回KAZUさんは、ギターユニットW-FUKUYAMAのメンバー福山竜一さんと修善寺虹の郷へ!最新シニアカーにも試乗されたようです♪

伊豆修善寺駅前に所在するコミュニティFM放送局=FMIS(エフエムイズ)みらいずステーション。


僕は毎週木曜日19時スタートの2時間生放送「カズ兄さんのモーターレボリューション」のDJを担当、番組プロデューサーでもあります。


バイク乗りの雑談番組として8年前に始まり、時には超ビッグアーティストや超有名俳優&声優さんのゲスト出演もあり、毎週賑わっています(最高聴取率は30%)。


そんな豪華ゲスト陣の中から、サブレギュラーでもあるヤングさんこと福山竜一さんを誘い、修善寺虹の郷へ行ってきました。


目的はライブのロケハンと最新シニアカーの試乗。僕より5才年上のヤングさんにとっては、近い将来にお世話になるだろうからとても気になるとのこと。

  • アコースティックギターユニットW-FUKUYAMAさん♪

アコースティックギターユニットW-FUKUYAMAのメンバーであるヤングさんこと福山竜一さん。


相方は「マクロス7」の歌バサラ、「JAMproject」のメンバーで知られる福山芳樹さん。二人揃っての出演回では、素敵な歌声&演奏だけでなく、シンガーにしておくのはもったいない!と思うくらいのオモシロMCで盛り上がります。


ヤングさんはソロでも出演してくださるサブレギュラーで、自由気ままな出演スタイルがリスナーに支持されています。


関連リンク

W-FUKUYAMA(MOJOSTOREサイト)

https://www.mojostore.net/store/list.cgi?cno=2&cmn...

  • 電動カート Vie-nar(ヴィ・ナー)に試乗

4月1日は修善寺虹の郷の誕生日を記念して、入場料無料とともに最新シニアカーの試乗も催されると知り、さらに偶然にも当日が木曜日ということで、モーレボ出演予定のヤングさんを連れて行きました。


修善寺虹の郷イギリス村の広場にて、お披露目されていたVie-nar(ヴィ・ナー)。いわゆる電動車いすまたは電動カートと呼ばれるものですが、スタイルもスペックもズバ抜け感!車重は46.5kgと、従来モデルに比べて超軽量。


リチウムイオンバッテリーを搭載しており、5時間の充電(家庭用100VでOK)で約35㎞走行可。


さらに、折り畳み式を採用しており、ミニバンやハッチバック車の荷物スペースにも搭載可能なコンパクトぶり。ホイールサイズは10インチで、最小回転半径は1.33m。


とにかく、既存のシニアカーよりカッコいいスタイリングと思います。

発進・停止・後退の操作は、既存のシニアカーと同様に、直感的に行えるよう工夫されていました。


フロント&リアにコイルスプリングタイプのサスペンションを装備しており、石畳の上でも乗り心地良し。


初めのうちはゼロ発進時の発生トルクに少し驚くかもしれませんが、5分も乗れば慣れてしまう程度。何より車体が軽いので、既存のシニアカーより走りが断然軽やかです。


気になるメーカー希望小売価格は39万8000円(非課税)ですが、月額2万5000円のレンタルプランや月額2500円の介護認定レンタルプランも用意されています。


なお、修善寺虹の郷でも、園内移動用の貸し出し車を数台用意するそうなので、便利に活用いただきたいと思います。


関連リンク

マノラメイト

http://www.manoramate.co.jp/
  • 修善寺虹の郷『砂の御守り』

ヴィ・ナーの試乗が嬉しかったのか、その後も子供のようにはしゃぎまわるヤングさん。


ならば!と、ロムニー鉄道でイギリス村からカナダ村へショートトリップ。カナダ村のベーカーストリートブティックにて、滑り止めのお守りを購入。プレゼントしました。


実は僕自身も既に持っている交通安全祈願のお守りで、合格祈願用としてはもちろん、DJやステージMCの滑り止めとしてもご利益があると思われます。


比較的にリーズナブルな価格設定だと思いますので、伊豆ツーリングのお土産としてご活用ください。


関連リンク

修善寺虹の郷

https://www.nijinosato.com/

制作・協力

■ライター:KAZU中西フリーランスのモータージャーナリスト。通称カズ兄さん。

イベントMCやラジオDJ(FMIS・カズ兄さんのモーターレボリューション)などタレント業でも活躍。

観察分析力に定評があり、開発に携わったバイク用品やカスタムパーツも多数。

一方では、二輪車の事故防止&安全利用の最前線に立つ『Mr.事故ゼロ』とも呼ばれている。

愛車はスペシャルメイドのZ2他。趣味はプレジャーボートのクルージング。

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す