TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

旅に出て1ヶ月して思った、おすすめキャンプアイテム(クッキング編)

  • バイクのツーリング記事
  • 2021.11.04

【☆地球を駆け回る!旅リポライダーELISのモトレポート☆】vol.11。西日本制覇の旅に挑戦中のELISさんが、一押しのキャンプアイテムを紹介してくれました!今回はクッキング編です♪

こんにちは、ELISです!


キャンプで食べるご飯は、買ってきても何を作ってもなぜか美味しく感じる、そんな不思議なことが起きます。


今回の記事では、せっかくキャンプをするならのんびり過ごして、ご飯も作るともっとキャンプが楽しくなる!そしてハマってしまう…ということで、私がキャンプで愛用しているクッキンググッズを紹介したいと思います。



SOTOソト(SOTO) レギュレーターストーブ

私は、SOTOのレギュレーターストーブを愛用しています。レギュレーターストーブは、さまざまな形が出ているのでどれがいいのか特に迷いますよね。私も購入前は、キャンプのベテランに聞きまくりました!


これを選んだ理由は、大きくて重量感のある鍋やフライパンを置いてもしっかりと安定する、というメリットが決めてです。


コンパクトバーナーと呼ばれる小さいタイプは、持ち運びには便利ですが鍋がぐらついて、せっかくの料理をこぼしてしまうという話を聞きました。


何十回とこのストーブを使っていますが、問題なく調理ができています。また、ガスをセットしたらライターが無くても火をつけられる点もポイントです。



メスティン

かつては数百円で販売されていたメスティンも今では、Amazonで見ても2000円以上に価格が高騰してしまうほどのキャンプ入門アイテムであり、必須アイテム。


このメスティンひとつあれば簡単に、ご飯、パスタ、スイーツまで作れてしまう万能調理器具です。しかも、炊いたご飯はめちゃくちゃ美味しい。私は炊き込みご飯をよく作りますよ。


これは、焼き鳥缶と舞茸を入れただけ。缶詰を丸ごと入れれば、汁が出しになってご飯に味が染み込んで美味しい炊き込みご飯ができるんです!


こちらはペペロンチーノ。パスタをメスティンで茹でたら一度取り出し、ベーコンをメスティンで炒め、市販の調味料をと茹でたパスタを混ぜただけの5分クッキングです。


こちらは、キャンプ定番のカレーライス。ご飯を炊き、鍋で温めたカレールーをかけるだけ。


バリエーション豊富に調理ができるメスティンは絶対買っておきべき!


ちなみにメスティンなどのアルミや鋳鉄製の調理器具を初めて使うときは、シーズニングをしておく必要があります。シーズニングすることで焦げやアルミ臭、黒ずみを緩和できると言われているからです。



スキレット

スキレットがあれば、ウインナーやベーコンをジューシーに焼くことができます。また目玉焼きやオムレツも作れますよ。


ちなみに私は、このスキレットを100均で購入しました!


ちなみにメスティンなどのアルミや、スキレットなどの鋳鉄製の調理器具を初めて使うときは、シーズニングをしておく必要があります。シーズニングすることで焦げやアルミ臭、黒ずみを緩和できると言われているからです。



コーヒーメーカー

食後や朝起きてからキャンプ場で飲むコーヒーは、またさらに格別な美味しさ。せっかくなので愛用しているコーヒーメーカーを紹介します!


コーヒーミル

コーヒーを淹れる時はいつも豆を挽きます。新鮮な豆を買ってきて、コーヒーミルで豆を丁寧に挽くと最高の一杯ができるんです。


旅先では、コーヒーショップに寄って気に入った豆を買うのも楽しみだったりしますが、スタバのシーズンものの豆も好きでよく買っています。



折り畳みできるドリッパー

大事なドリッパーは折り畳みできるタイプ。普段お店でみるタイプだと、結構嵩張ってしまうので、折り畳みできるものだと使い勝手がいいです。



以上が現在のキャンプで愛用しているクッキングアイテムです!記事を書きながら、コーヒー豆焙煎も始めてみようかな〜、なんて思ってしまいました!笑


次回は、現在も旅をしている西日本制覇の面白ろエピソードをお届けします。


お楽しみに!

制作・協力

ELIS

バイクの窓口編集部

他エリアのツーリング記事を絞り込んで探すバイクの窓口アイコン

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す