TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第37回 スズキ・ウルフ(RT50)

  • おすすめコラム
  • 2017.10.21

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車はウルフシリーズの中で唯一のレジャーバイク「スズキ・ウルフ(RT50)」のご紹介です。バンバン50の後継にあたる位置づけですが、同一車名にスポーツ系のWOLF(ウルフ)50があり、少々ややこしい・・。

■スズキ・ウルフ(RT50) ■エンジン:空冷2スト・パワーリードバルブ単気筒49cm3

■最大出力:4.2ps(3.0 kw)/6000rpm ■最大トルク:0.52kg・m(5.1N・m)/5500rpm


「珍バイク」では、主に50ccのちょっと変わったモデルを

数多く取り上げて来ました。

その中で「レジャーバイク」が多いことに

このコーナーを担当している自分でも気がつきました。


でも!レジャーバイクはまだあるのです!

今日はそんなレジャーバイクのひとつ、

1982年デビューの「スズキ・ウルフ(RT50)」を

お送り致します。


スズキ・ウルフといえば、ワタクシの別コーナー、「名車」でも

「T125」を取り上げたことがありました。

そうなのです。ウルフという名前はスズキではよく使用されており、

今回ご紹介するウルフ(RT50)以外にも、

ウルフ50、125、200、250など様々なモデルがあります。


おっと、肝心のウルフの説明を。

スズキを代表するレジャーバイク「バンバン(RV50)」

とコンセプト的には同じこのウルフ、

外観は1980年代のモデルらしく角張って近代化されており、

エンジンもRG50Γ系のエンジンに切り替わっています。


バンバンがロングセラーになったのに対して

ウルフは後継モデルも無く、

残念ながら一過性のモデルになってしまいました。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 37-rt50