他カテゴリ記事を絞り込んで探す

未来を拓くニッポン・デザイン展 スーパーカブ展示レポート

  • おすすめコラム
  • 2024.06.04

2024年5月17日(金)~19日(日)に行われた「未来を拓くニッポン・デザイン展」のレポートです!

2024年5月17日(金)~19日(日)に行われた「未来を拓くニッポン・デザイン展」をレポートします。

このイベントは、公益社団法人 日本広告製作協会(OAC) 設立50周年を記念して行われました。

 

REDISCOVER NIPPON DESIGN

「デザイン」の視点からニッポンを俯瞰し、未来を拓く力を再発見 をテーマに展覧会を開催。

会場は、渋谷ヒカリエ 8F 8/COURT(入場無料)。

 

未来を拓くヒントはニッポンの中にある。広告クリエイターが「デザイン」の視点から再発見。

混沌として先の見えない時代を切り拓く可能性を持つ、さまざまな分野のデザイン力を紹介。

 

伝統工芸から食文化、工業デザインまで、OAC会員の7社が映像・立体、実物を展示。

さらに、一般公募作品のグラフィック 13点、映像 3作品を展示。

5月18日(土)・19日(日)は、展示作品を使ったパフォーマンスを行いました。

 

  • スーパーカブを題材に展示!

OAC会員である(株)東京グラフィックデザイナーズが出展。

本田技研工業株式会社の二輪製品を中心に、広告やカタログ、PR映像の企画・製作を手掛けた会社です。

 

「新しい乗り物が”暮らし”をデザインした」をテーマに、スーパーカブを題材にした展示を行いました。

「スーパーカブにまつわるデザインのアレコレ」を紹介しています。

 

戦後の日本の高度成長と共に、モータリゼーションが爆発的に発展。

中でも身近な乗り物として”暮らし”を大きく変えたのがスーパーカブ。

それまでのオートバイの常識に捉われず、使う人の便利と使い勝手を徹底的に追求。

”新しい乗り物”として、瞬く間に全国に普及して、現在に至ります。

 

商用、自家用を問わずスーパーカブはあらゆる生活シーンに溶け込み、今も人々の暮らしを支えています。

1960年代の広告では、人々の生活の中にあるスーパーカブをユニークな作品で発信。

女性を起用した広告シリーズを展開するなど、斬新な広告で暮らしをデザインしました。

 

アメリカでは、カラフルなイラストを使ったキャンペーンを実施して人気を獲得。

基本的なデザインを変えることなく、日本のみならず世界中で愛用され続けています。

 

  • 1/3 スケールモデル!

スーパーカブ C100 (スーパーカブの初代モデル)

1958年に発売。当時の2輪車のほとんどが、2ストロークエンジンを搭載していました。

その中で耐久性や低燃費、扱いやすさなどから4ストロークエンジンを採用。

力強いエンジンに、簡単な操作でギアチェンジが出来る自動遠心クラッチを採用。

またぎやすいステップスルーなどで女性からの支持も得て、2017年にシリーズ世界生産累計1億台を達成。

 

ところで展示されたスーパーカブの模型の案内文に気になる文言が・・。

モデル製作・協力:アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社 1/3スケールモデル(非売品)

 

アシェットと言えばと調べてみると、週刊ホンダスーパーカブC100が2023年に創刊していました。

詳しい人に聞いたところ福島県と岡山県で試験発売するも、残念ながら100号のうちの4号で終了。

ということで見た人が非常に少ないと思われる、この激レアモデルの詳細を紹介します!

 

書籍は、インサイドインタビュー、カタログ、広告などを掲載。各回にモデルのパーツ付き。

定期購読申込でオリジナルキーホルダー、特製パーツボックス、オリジナルDVDなどをプレゼントの特典。

オリジナルディスプレイケースが付く、プレミアム定期購読もあったようです。

 

創刊1号では、フロントカバーにヘッドランプとホーン、ホーンカバーを取り付け。

 

ディスプレイベースのスイッチでヘッドランプ(ハイ / ロー)が点灯、ウインカーが点滅可能。

各部の開閉、可動などのギミックが多数あり、リアルさを高めています。

 

スポーク式のフロントホイールも精細な仕上がり。

スケルトンギミックで内部が分かるエンジンに換装が可能。

 

全長600mm、全高320mm、全幅190mmの特大サイズで、近くで見ても各部のディティールが見事です。

 

キックスタートペダルを押すとエンジン音が、ディスプレイベースのスロットルをひねると後輪が回転。

 

バイクの1/3スケールモデルは初めて見ましたが、会場で見ても大きいのにこれが家にあったら・・(笑)。

 

2024年3月1日(金)にリニューアルオープンした、ホンダコレクションホール。

もちろん新たなフロアの一角に、スーパーカブの展示コーナーがあります。

スマートフォンとイヤホンを使う「音声ストーリーガイド」では、スーパーカブの案内が聴けます。

 

コレクションホール展示の、スーパーカブC100。

実車と比べると、改めて1/3スケールモデルの外観と細部の忠実な再現度が分かります!

 

制作・協力

(取材協力)

公益社団法人 日本広告製作協会

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧
© 2016- AUCNET INC.