TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第40回 ホンダ・XL250R Paris-Dakar

  • おすすめコラム
  • 2017.11.26

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、~パリダカ~の愛称で今なお人気の「ホンダ・XL250R パリ・ダカール」のご紹介です。XL・XRシリーズの歴史を語る上で外せない名車の1台ですね。 

■ホンダ・XL250R パリ・ダカール  ■エンジン:空冷4サイクルOHC4バルブ単気筒248㎠

■最高出力:22ps/7,500rpm ■最大トルク:2.1㎏-m/7,000rpm


ライアル、オフローダーなど

悪路を走破する性能を持つバイクは

古くからラインナップに用意されていた。


ホンダでも1960年代末〜1970年代初期に

「SL」「CL」などを発売。

トライアルモデルの「バイアルス」、

オフロードモデルの「エルシノア」も名が知られるところだ。


そして1975年、オフローダーSL/CLのモデルチェンジに伴い

「XL125/250」が誕生した。

厳密に言えばXLは海外では使用されていたネーミングだったが、

晴れて日本でもその名が日本でも使われるようになった。


XLは当時のホンダのオフ車らしく、完全にオフローダーには振り切らず

「マルチパーパスカー」としての性格も有していた。

しかし1978年に「XL125/250S」に進化した際には、

フロントホイールを23インチに大型化して操縦性も向上した。


そしてさらにXLは1985年に「XL125/250R」にモデルチェンジ。

外観はさらにオフローダーらしさを増し、

XL250Rではパワーアップしたエンジンと6速ミッションを搭載した。


XL250R Paris-Dakarは、そのXL250Rをベースに

1982年のパリ-ダカールラリーで優勝した550XRのイメージを投影した

いわゆるレプリカ仕様で、限定車ではなくカタログモデル扱いだった。


トリコロールカラーと21ℓサイズの大型タンクと大きな前後フェンダーが

レーシーな雰囲気を作り出し、

発売開始から35年が経つ現在でも、未だに人気が高いモデルとなっている。


パリ・ダカールは日本国内では125、250が販売されたが、

輸出仕様には500,600もあった。

このように日本で売っていないモデルがあったのは、

XL、XL(S)、XL(R)に数く存在していた。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 40-xl250r-paris-dakar