TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第42回 Harley-Davidson Topper

  • おすすめコラム
  • 2018.01.06

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、あのハーレーダビットソンが1960年に発売したスクーター「ハーレーダビットソン・Topper(トッパー)」のご紹介です。

■ハーレーダビットソン・トッパー  ■エンジン:空冷・2サイクル・単気筒165cm3

■最大出力:9 hp (6.7 kW)


引き続き知られざる海外のバイクをご紹介したいと思います。

今日は、ハーレーのスクーター、「トッパー」です。

ハーレー?あのハーレー?

そうです!ビッグバイクの代表格、ハーレーダビッドソンが

製造していたスクーターがあったのです。

ちょっと驚きですよね。


トッパーは1960年から販売が開始されました。

エンジンは165ccの単気筒2ストで、最高出力は9psを発生。

トランスミッションは「スクーターウェイ・ドライブ」と称したオートで、

イージードライブを実現していました。


変わっているのがエンジンの始動方法で、

通常のスクーターやバイクと異なりキックではなく

イグニッションキーをオンにしたあと「ヒモを引っ張ってかける」

タイプでした。

発電機に見られるようなアレですね。


四角いボディは今見ても斬新で、

日本でトッパーよりずっと後に発売されたスクーターのデザインを

どことなく連想させますよね。


しかも同年代のベスパがオール鉄製ボディだったときに

すでに一部の外板にFRPを採用していました。


シートの下にはちょっとした小物入れがあり、

2ストオイルを測るためのカップも備わっていますが、

カップが給油キャップの裏にくっついているのがアイデア賞です。


残念ながら不人気ゆえに僅か5年で生産が終了し、

現在では“幻のスクーター”的な存在になっています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 42-harley-davidson-topper