TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第54回 ノートン・コマンド

  • おすすめコラム
  • 2018.06.29

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、英国の老舗メーカーであるノートン・モーターサイクル社の中から、「ノートン・コマンド750」のご紹介です。

■ノートン・コマンドー750


英国の名門バイクメーカーとして名高いノートンは、

創業は19世紀末の1898年とたいへんに古い。

バーミンガムで自転車メーカーとして名乗りを上げたが、

1902年にはプジョー製エンジンを搭載したバイクを作り、

早くも1907年には第1回マン島TTレースに出場。

しかも優勝するという快挙を遂げた。

その後1954年までにノートンは合計10勝を挙げている。


500ccシングルのES2シリーズで名を馳せた戦前のノートンは

戦後になってバーチカルツインエンジンを積んだ

「ドミネーター」シリーズを発売。

また、アメリカでの販売に向けてAJS/マチレスのフレームに

ドミネーターのエンジンを積んだ

「アトラス」シリーズを登場させるなど

バリエーションを拡大していった。


アトラスはアメリカで好評となり、

それを大きく発展させた「コマンドー750」が1968年に発売された。

「フェザーヘッドフレーム」と呼ばれたノートンの名物フレームから

ビッグツインエンジンの振動を抑える「アイソラスティック・フレーム」に

圧縮比を高めた750ccパラレルツインを搭載。


マーク1と呼ばれる初期モデルは

「ファストバック」と称された独特のFRP製リアカウルを持ち、

それまでのノートンのクラシカルなバイクのイメージを大きく変えた。


1969年にはアップマフラーとしたスクランブラー仕様の「750S」、

先進的な姿からトラディショナルな形態に戻した

「750インターステーツ」など

コマンドーは矢継ぎ早にバリエーションを展開。

1973年にエンジンをボアアップして850ccとした

コマンドー850系に進化して1977年まで生産が行われた。


コマンドーは一定の成功を得たものの

日本製バイクの台頭でノートンの経営は

他の英国製バイクメーカーと同じく悪化してしまったために

BSAを傘下に置いていたトライアンフと1973年に合併して

ノートン・ビリヤーズ・トライアンフを設立する。

しかしこちらも業績は芳しくなく1977年に倒産してしまった。


その後幾度か名前が復活しては消えていったノートンだが、

現在もなお伝統のロゴとコマンドーの名を冠した

2気筒モデルを発売。

英国製バイクの伝統を今に伝えている。

■メーカーのページ:ノートン・モーターサイクル

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 54