TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第54回 ハインケル・ツーリスト(Heinkel Tourist)

  • おすすめコラム
  • 2018.07.08

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、ドイツの航空機メーカーが製造した「ハインケル・ツーリスト」のご紹介です。初めて聞くバイク名でした。世界には色々なバイクがあるものなんですね。デザインも車名もドイツっぽい。

■ハインケル・ツーリスト ■エンジン:空冷4ストローク単気筒OHV174cm³


第二次世界大戦中にHe111など数々の名機を生み出した航空機メーカー

「ハインケル」が、戦後の1953年から1965年まで製造していた

スクーターが「ツーリスト」です。


敗戦国となった日本では、GHQが航空機メーカーに

航空機の製造禁止を言い渡したことで

中島飛行機の系譜を持つ富士産業はラビットを、

そして三菱(のうち中日本重工業)はシルバーピジョンを発売したように

ハインケルもまた航空機に手を出すことを禁じられたことから

自転車やバブルカーと呼ばれる小さなクルマ、

そしてスクーターの製造開発を行いました。


大柄な車体を持ったツーリストは、

その名の通りツーリングにも使用できるような

快適で速いスクーターとして10万台以上が製造され、

イギリスやアメリカでも人気を博しました。


登場時の重量は約130kg近くもありましたが、

それがむしろ走行安定性につながっていました。

様々なオプションをつけて自分好みにカスタマイズできることも

ツーリストの魅力の一つでした。


エンジンは最初期型のみ149cc、以降製造中止になるまでは

174ccの4スト単気筒OHVエンジンが搭載され、

後者では9psを発生。2名乗車でも90km/h以上を

出すことができました。


なおハインケルはその後、

1965年に会社自体がVFW社に吸収されて

消滅しています。


<画像出典>wikipedia


制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 54-heinkel-tourist