TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第56回 バン・ビーン(Van veen) OCR1000

  • おすすめコラム
  • 2018.08.05

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、またまた「こんなバイクがあったんだ!」って思わず叫んでしまう、オランダのバン・ビーン社製、ロータリーエンジンを積んだOCR1000のご紹介です。

■バン・ビーン OCR1000 ■エンジン:空冷2ローター996cm³

■最高出力:100PS


1960〜70年代に「夢のエンジン」として注目され

4輪メーカー各社で開発が競われたロータリーエンジン。


バイクにも幾つかロータリーエンジンが搭載されたモデルが存在し、

この珍車コーナーでも第6回で「スズキ・RE5」、

続く第7回では「DKW ハーキュレス W2000」をご紹介しています。


その他国産メーカーではヤマハが「RZ201」を、

ホンダは「A16/A24」を、

カワサキが「X99」を登場させましたが、

これらはいずれも試作に終わりました。


今回登場の「バン・ビーン OCR1000」は、

オランダのバン・ビーン社(オランダ語読みはファン・フィーン)が

製造・販売していたロータリーバイクで、

実際に市販が行われました。

空冷2ローターエンジンは996ccから100psを発生し、

300kg近い重量級バイクながら最高速度200km/h以上を達成しました。


しかし、第メーカー各社の技術を持ってしても

開発は苦難の連続だったロータリーエンジンを

小さなメーカーでエンジンの設計、製造はできず、

エンジンはシトロエンとNSUが組んだコモトールから

供給を受けています。


しかしそのコモトールが倒産したことで

事実上OCR1000の生産も終了。

40台に満たない台数が世に送られたに留まりました。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 56-van-veen-ocr1000