他カテゴリ記事を絞り込んで探す

第60回 全日本模型ホビーショー バイク模型レポート!

  • おすすめコラム
  • 2022.10.31

今回は全日本模型ホビーショーで展示された品や、注目の製品をご紹介します!

2022年10月1日(土)、2日(日)に東京ビッグサイトで開催された、第60回 全日本模型ホビーショー。

 

3年振りに開催された、全日本模型ホビーショーを取材しました。

ショーで展示されたバイク関連のモデルに加え、注目の製品をレポートします!

 

全日本模型ホビーショー公式サイト

 

 

【目次】

1.多数のブースを設置

2.こだわりポイント

3.今後の注目製品

 

  • 多数のブースを設置

取材は一般公開前、9月30日(金)の「業者招待日」に行いました。

 

会場内に多数のブースが設置され、開場直後から来場者の熱気が高まっていました!

 

タミヤ

 

タミヤブースでは今秋以降に発売する多数の新製品を発表、展示。

ブース前面に、バイクのスケールモデルが展示されました。

 

1/12 ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4。

 

2022年10月発売。4,620円(税込)。全長=176mm。

写真はキットを組み立て、塗装したもの。

 

2020年2月に発表されたドゥカティ史上、最高の公道走行可能モデルとして世界限定500台で販売。

スーパースポーツモデルのパニガーレ V4をベースに徹底的に軽量化した車体を詳細に再現。

 

  • こだわりポイント

今回、製品化に関わった説明員の方からお話が聞けましたので、注目ポイントを伺いました。

 

多数のパーツによって、実車の構造を理解しながら組み立てを楽しめる構成。

 

モデル化にあたっては実車を取材し、3Dスキャナーなどを使って、詳細な採寸を実施。

過去にはカウルなどを手作業で採寸していたのが、技術の進化で手法が変化しているそうです。

 

パーツ設計者は、3D CADや3Dプリンターを使用するためのスキルが必須に。

 

エンジン、スイングアーム、フロントフォーク、サイドカウル、タンクはフレームにビスで固定。

エンジン、サスペンションなど、各ユニットごとに組み立てが可能。

 

エンジンは排気管の取り回しや後部に装着されたリヤダンパーに注目。スプリングは、金属製を使用。

 

パーツの組み合わせで表現したシートカウルの「穴」が、こだわりポイントです。

 

ハンドル周りは、トップブリッジやステアリングダンパーなどを繊細にパーツ化。

メーターディスプレイは「ストリートモード」に加え「レースモード」もスライドマークで用意。

 

エンジン上部のエアクリーナーボックス、バッテリーも再現。

 

今回の目玉で、チェーンは左右分割式として中央のローラー部分を立体的に再現しました。

金型作成における工作技術の精度向上で、より詳細な表現が可能になりリアルさを追求。

 

無塗装の状態だと、塗装前の状態がよく分かりました。

 

ドリルホール加工のブレーキディスクは、精密な仕上がりで表現。

前作の1/12 ホンダ CBR1000RR-R ファイヤーブレード SPと同様に、ディスクの穴が貫通しています。

 

壊れやすいアッパーカウルのウイングは、マグネット固定によってトラブルを軽減。

 

各部のカーボン地は、スライドマークで表現。カウルのレッドの塗り分けもデカールで再現しています。

 

完成品は、凝縮感のあるプロポーションと、各部のディティールが素晴らしかったです!

 

  • 今後の注目製品

1/12 マスターワークコレクション(完成品)

 

精密スケールモデルを、専門スタッフ手作りで仕上げている完成品シリーズ。

幅広いジャンルの各モデルに合わせた、それぞれこだわりの仕上げは模型メーカー、タミヤだからこそ。

 

1/12 チーム スズキ エクスター GSX-RR '20 No.42 パーツパネル(左奥)

2023年3月以降発売予定。 57,200円(税込)。

塗装済パーツを並べた、ディスプレイパネルの製品。

 

1/12 チーム スズキ エクスター GSX-RR '20 No.42 (マスターワークコレクション 完成品)

 

全長178mm。展示スタンド付き。2022年12月3日(土)ごろ発売予定。18,480円(税込)。

 

42号車アレックス・リンス選手のマシン。

1/12スケールプラスチックモデルを完成品として製品化。

カウルのカラーリング、エンジン、チェーンなどに繊細な塗装仕上げを施しています。

難易度が高いウイングのカーボン地スライドマークも、素晴らしい仕上がり。

 

36号車ジョアン・ミル選手モデルもあります。

 

関連製品

1/12 チーム スズキ エクスター GSX-RR '20 (組み立てキット)

 

モトGPマシンの実車を、取材してモデル化。

 

タミヤデコレーションシリーズ

 

「スイーツデコレーション」や「フェイクスイーツ」などと呼ばれる、本物そっくりのお菓子を製作。

手作りホビーを楽しむために役立つ素材や、ツールをラインナップ。

軽量粘土や樹脂粘土に、リアルな焼き色などが表現できる塗料などや、盛り付け用の器を用意。

製品ページから、製作レシピをPDFファイルでダウンロードが可能です。

 

会場では、ウェアや小物類、ステーショナリーなどのタミヤオリジナルグッズを販売。

 

食品コーナーでは「タミヤ特別パッケージ」の「安倍川もち」と「やきとり缶詰(HOTEi)」を販売。

カフェイン入りのビターチョコレート「ショカコーラ」(ビター・ミルク)も。

 

第60回 全日本模型ホビーショー タミヤ販売コーナー

 

コロナ禍での「巣ごもり需要」で、プラモデルは好調な状況。

最近は、プラモ製作に必要な道具類の売り上げが向上しているそうです。

 

青島文化教材社

 

1/12スケールのバイクシリーズを、完成品とプラモデルでラインナップ。

 

2023年発売予定の完全新金型商品 1/12スケール ホンダ ドリーム CB750 FOUR (仮)を展示。

 

発売日/価格は未定。

 

1/12 完成品バイクシリーズ

 

ニューモデルが続々登場!

 

カワサキ Ninja ZX-25R メタリックスパークブラック

 

カワサキ Ninja ZX-25R メタリックスパークブラック / パールフラットスターダストホワイト

 

カワサキ Ninja ZX-25R ライムグリーン / エボニー

 

 

塗装済み完成品。

2023年4月発売予定。全長 約165mm。各 4,070円(税込)。

ステアリング・リアサスペンション可動。ディスプレイ台座付き。

 

カワサキ Ninja ZX-25R ライムグリーン / エボニー

 

タンクやテールカウルはダイキャスト製となり、重量感、質感ともにハイレベル。

 

カワサキ GPz900R 黒/金

 

カワサキ GPz900R ライムグリーン

 

カワサキ GPz900R 赤/灰

 

 

塗装済み完成品。

2022年11月発売予定。全長 約180mm。各 3,960円(税込)。

フレーム&タンクはダイキャスト製となり重量感、質感ともにハイレベル。

ステアリング・リアサスペンション可動。ディスプレイ台座付き。

 

ザ・バイク シリーズ

 

1/12スケール プラモデル。パッケージ、デカールを新たにして新登場。

 

1/12 カワサキ KZ750D Z750FX '79 カスタム

 

2022年11月発売予定。3,300円(税込)。

マフラー、バックステップ、オイルクーラースペシャルパーツでカスタマイズされたZ750FXをモデル化。

 

1/12 ヤマハ 4HM XJR400S '94 カスタムパーツ付き

 

2022年11月発売予定。3,330円(税込)。

オーリンズのリアショックを採用した1994年モデルのXJR400Sを1/12スケールでモデル化。

 

1/12 カワサキ Z2 750RS '73 カスタムパーツ付き

 

2022年12月発売予定。3,300円(税込)。

ショート管、キャストホイール、YBハンドル等のカスタムパーツ付属。

 

1/12 カワサキ ZR400C ZEPHYRχ '03 カスタムパーツ付き

 

2022年12月発売予定。3,300円(税込)。

テールカウルやサイドカバーなどのカスタムパーツが付属。

 

1/12 ヤマハ 1JR SR400 '98

 

2022年9月発売中。 3,080円(税込)。

 

リヤサスペンションに金属製のスプリングを使用。

 

1/12 カワサキ ZX900A GPz900R Ninja '85

 

2022年9月発売中。2,860円(税込)。

ライムグリーンの車体色を採用した、1985年モデルの南アフリカ仕様をモデル化。

 

1/12 ホンダ MC18 NSR250R SP カスタム '89

 

2022年10月発売予定。4,180円(税込)。

チャンバーやバックステップ、ステアリングダンパー、スタビライザー等のカスタムパーツを再現。

 

「そろそろお昼ゴハンだな・・」と思っていた時に、目に飛び込んできたのが「SYUTO」のブース。

 

SYUTO(秋東精工)

 

組み立て式プラスチックモデル 1/1スケールの「餃子プラモ」と「寿司プラモ」をディスプレイ。

 

「寿司プラモ Ver.鮪」(1貫) 全高 : 約30mm。

1,430円(税込)。

 

説明員の方から「シャリは好きなカタチに作れますよ」と言われ「??」。

なんと、米粒はひとつひとつが「パーツ」になっていて、接着剤で固定するとのこと。

米粒パーツは364粒。

 

この製品を企画、製作、販売まで実行するとは・・スゴイです(笑)。

 

「一番人気は?」と聞いたら、返事はこちらでした!

 

「寿司プラモ Ver.いくら」(1貫)全高 : 約35mm。

1,540円(税込)。

 

米粒に加え、「いくら」も、ひとつひとつをパーツ化(64粒。大12、中24、小28粒)。

いくらの粒は「気泡入り」で本物そっくりに再現。

食品サンプル会社の「株式会社いわさき」の海苔シートを封入。

 

いずれの商品も販売期間などの詳細は、メーカーサイトをご確認ください。

 

次回は、Part2をレポートします!

 

制作・協力

(取材協力)

日本プラモデル工業協同組合

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.