TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第60回 プフ・マキシ(Puch Maxi)

  • おすすめコラム
  • 2018.10.07

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、オーストリアのバイクメーカープフのモペットである「プフ・マキシ」(Puch Maxi)のご紹介です。

■プフ・マキシ(Puch Maxi)■エンジン:空冷2ストローク単気筒49㎤

■最大出力:約2ps ■最高速度:48km/h


プフ。聞きなれないメーカーですが、

先代メルセデス・ベンツのGクラスや

初代フィアット・パンダの4WDシステムを開発した

オーストリアのメーカーで、

軍用車ファンには

「ピンツガウアー」の製造でも知られています。


そのプフが1970年代〜90年代に作っていたモペットが

「マキシ」です。


空冷2スト、49.9ccエンジンを搭載していたことを共通項に

1〜3psの最高出力違いの設定、

遠心クラッチを持つ1速/2速トランスミッション、

シートのサイズ、リアサスペンションの有無、

カラーリング違いなどを組み合わせ

「マキシスポーツ」「ニューポート」など

幾つものモデルにバリエーションを展開。

人気を博したことと長い発売期間によって

今なお欧州各国で見ることができます。


なお最高速度は各国によって設定が異なっていて、

本国オーストリアでは40km / h、

ドイツでは25km / h、そしてスイスでは30km / hだったそうです。


イラストはリアサスペンションを備えた「マキシS」です。


なおプフはモペットの他にも1950年代〜70年代に

「250GS」と呼ばれるスポーツバイクを発売していました。



<画像出典>Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Puch_Maxi


制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 60-puch-maxi