TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第62回 ラベルダ・1000RGS

  • おすすめコラム
  • 2018.11.04

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、今は現存しないイタリアの古きバイクメーカー【ラベルダ】の中から、3気筒エンジンを搭載した1000RGSのご紹介です。

■ラベルダ・1000RGS  ■エンジン:空冷並列三気筒DOHC981cc

■最大出力:83ps/7800rpm


イタリアにはバイクメーカーが多く、

ドゥカティ、モトグッツィ、アプリリア、

MVアグスタ、べスパなどが有名です。

でもその一方で、現在は名を残していないメーカーもあります。


その一つが、ラベルダ。

1949年創業の歴史あるメーカーでした。

当初は75ccモデルでスタート。

1960年代末には750ccバイク「ラベルダ750」の発売を開始します。

エンジンはパラツイン(直列2気筒)でした。


そして1972年にはシリンダーを追加して直3の1000ccとした

「ラベルダ1000」を登場させます。

ラベルダ1000はホイールのキャスト化など細かな改良を繰り返し、

1982年に「1000RGS」に発展。

1000RGSは流麗なカウルを持っていたことが特徴で、

タンクやサイドカバーもそれに合わせたデザインにされました。

エンジンは空冷DOHC直3で、最高出力は83.3psでした。


日本でも販売がされており、手元にある1988年の資料では

ラベルダは1000RGSの他に

「1000エクスクルーシブ」「1000SFC」「1000イオタ」「1000コルサ」

というバリエーションを持ち、

性格や装備、エンジンチューンによって作り分けられていました。


参考までに価格は1000RGSで129万円。

輸入元は名門・村山モータースでした。


<画像出典>Laverda Official Website

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 62-1000rgs