TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第64回 ムスタング・デリバーサイクル

  • おすすめコラム
  • 2018.12.02

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。それにしても世の中にはいろいろなバイクがありますね。今週の珍車は、古きアメリカで使われたビジネスバイク「ムスタング・デリバーサイクル」(Mustang Delivercycle)のご紹介です。

■ムスタング・デリバーサイクル(Mustang Delivercycle)

■エンジン:空冷4サイクル単気筒319cc ■最大出力:9.5ps


アメリカのバイクといえば

大排気量のバイク、ハーレーダビッドソンが有名ですよね。

でも、かつてはさまざまなメーカーが

いろいろな興味深いバイクをたくさん作っていました。


その一つが、ムスタング。

グラッデンというカリフォルニアの会社が

戦前から1960年台にかけて売っていたバイクで、

戦後のモデルは4スト319cc単気筒サイドバルブエンジン+

3速ミッションを基本としていました。


排気量はそこそこありますが、バイクのサイズは

日本の125ccクラスほどの印象。

それでいてデザインもちゃんとアメリカンな雰囲気でした。


デリバーサイクルは1948年に登場した3輪モデルで、

いわゆるトライクにあたります。

その名の通り配達などに用いる商用バイクですが、

警察などでも使用されたとのことです。

1956年に生産が終了したものの、1963年からは生産が再開。

エンジンは生産終了前の9.5psから12.5psに、

ミッションも4速にバージョンアップしていました。


なお、ムスタングは1965年で

すべてのバイクの製造販売を終えていますが、

デリバーサイクルも最後まで作られていました。


デリバーサイクルで驚くのは

1100mm以上の幅を生かして135kgもの積載量を持っていたこと、

最高速度は80km/h以上に達したことです。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 64