TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】 第66回 ヤマハ・RD250(1979)

  • おすすめコラム
  • 2018.12.23

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、ヤマハ2ストスポーツの中心となったRD250のご紹介です。いやー、このバイクも名車ですねー。

■ヤマハ・RD250(最終型) ■エンジン:2サイクル並列2気筒247cc

■最大出力:30ps/8,000rpm ■最大トルク:2.9㎏-m/7,000rpm


1970年代のヤマハのバイクラインナップでは、

スポーツモデルは「AX」「DX」「RX」などが存在していたが、

1973年以降は50cc、90cc、125cc、250cc、350ccモデルを含め

すべて「RD」というシリーズ名に統一された。


2ストバイクメーカーであるヤマハ渾身のモデル

DX250とRX350もそれを機に名称を変更、

「RD250/RD350」となった。


しかしその頃にはすでにクォータークラスも

4ストバイクの進出が進んでおり、

パワーは出ていたもののピーキーで

乗りやすいとは言えなかった2ストの欠点を補うべく

出力特性変更や6速ミッション採用なども施された。

その後もRD250/350は

「2ストのヤマハ」という意地とプライドにかけて

常に改良が施され、

2ストが淘汰されていく時代を生き残った。


今回イラストにしたのは1979年モデルの最終型で、

直線的だったタンクはサイドカバーと連続した

モダンなデザインに変更。

キャストホイール採用で一気に新しいバイクのイメージを得て

モデル末期ながらヒット作となった。


残り少ない2ストスポーツ、

クォーターきっての快速バイクとしての存在感を保つべく

点火方式をCDIに、ポート形状にも変更を加え、

変速比も変えられているなど

エンジンやミッションにも進化のあとが見られる。


そして1980年、後継モデルで

今や伝説の名車となった「RZ250/350」へと、

その系譜をつなげていくことになるのである。


■関連記事:レア車vol.132 RD400

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 66-rd2501979