TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第68回 スズキ・ジェンマ50(1981)

  • おすすめコラム
  • 2019.02.05

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の珍車は、イタリアのベスパをモチーフに1981年に発売された「スズキ・ジェンマ50」のご紹介です。車名となっている”ジェンマ”はジュリアーノ・ジェンマからでした。

■スズキ・ジェンマ50 ■エンジン:空冷2ストローク単気筒49cm³

■最大出力:3.5ps/5,500rpm 


1970年代終わりから80年代初頭は、

50ccバイクにとって大きな変革期でした。


それまでのミニバイクやファミリーバイクも

タンクを廃して極力車体を低くして乗降性を高めてはいたものの、

「またがる」スタイルからは完全に脱却していませんでした。


しかし1977年、ヤマハは足元をフラットにしたスクーター

「パッソル」を発売、50ccファミリーバイク部門のシェアを伸ばした。

それに対抗するようにホンダは1980年に「タクト」を発売、

瞬く間に販売台数を伸ばしました。


このようにスクーターが一挙に市場で認知されていった中、

4大メーカーの一つスズキは指をくわえて見ていたわけではなく、

1981年に「ジェンマ」を発表しました。


50、80、125ccの3種類からなるジェンマシリーズは、

イタリアのベスパのようなデザインと大型の車体を採用し、

上質で高級感あふれる雰囲気を持っていたことから大ヒット。

タクト、ヤマハの「ジェンマ」とともに御三家を形成、

現代に続くスクーター市場の黎明期を支えました。


ジェンマ50はフロントを片持ちとしていたり、

トランスミッションは無段変速ではなく

3速オートマチックを備えていたことが特徴でした。



先日、業者間オークションに出品されたジェンマ50(CS50)

年式の割には赤色が鮮やかで、レストアベースに最適な1台でした。

フロントサスは片持ちで、確かに和製ベスパって感じですね。(編集部)

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 68-501981