TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第73回 アマゾネス1600(Amazonas 1600)

  • おすすめコラム
  • 2019.04.28

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、ワーゲンビートルの空冷エンジンを搭載したアマゾネス1600のご紹介です。アマゾネスっていうネーミングがいかにもブラジルらしい。

■アマゾネス1600(Amazonas 1600)

■エンジン:空冷4サイクル4気筒1600cm³

■最大出力:56ps ■重量:384㎏


筆者は昭和46(1971)年生まれなのですが、

多分、僕に近い世代だと、

「世界一大きなバイクは何?」と質問されたら、

「アマゾネス」と答える方が多いのではないでしょうか。


アマゾネスは、サンパウロのメーカー、

アマゾン・モト・エスペシア(Amazonas Motos Especiais)が

1978年から製造していた大型バイクです。


その名を有名にしたのが、バイクなのに、エンジンに

VWビートルの空冷フラット4を選択していたことでした。


なぜビートルのエンジン?ということなのですが、

ブラジルには古くからVWの現地法人があり、

様々な空冷VWの生産が行われていました。

VWはブラジルの国民車なのです(現在も)。


そのため空冷リアエンジンのシャーシが手に入りやすく、

ブラジルのコーチビルダーは、こぞってビートルベースの車を

登場させていました。


つまり、バイクにもこのエンジンを積んでしまおう、と考えるのも、

至極当然の流れだったのですね。


1.6ℓのフラット4エンジンは、

ツインキャブで50馬力ほどのパワーを持っていましたが、

バイク自体が370kg以上もあったので、

最高速度は150km/hに達しなかったようです。


しかし、この「エンジンありき」のような荒削りなデザインが

好ましいバイクでもありました。


イラストは警察仕様です。

こちらは、68psまでチューンされていたようです。


<画像出典> Tanshanomi's Snap Judgments
制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 73-1600amazonas-1600