TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】 第76回 スズキ・GS400

  • おすすめコラム
  • 2019.06.02

毎週イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。今週の名車は、現在でも旧車として絶大な人気を誇る「スズキ・GS400」のご紹介です。

■スズキ・GS400 ■エンジン:空冷4サイクルDOHC並列2気筒398㎠

■最大出力:37ps/9000rpm ■最大トルク:3.3kg-m/7500rpm


どんな時代にもエポックとなるバイクや、

強烈な印象を残したバイクがある。

それらを名車と呼ぶのなら、スズキ・GS400もまた

名車中の名車と呼べる存在に違いない。


GS400は1977年に登場。

2ストを得意としていたスズキが発売した4ストモデルとしては

1976年のGS750に次ぐバイクだった。

また、400ccクラス唯一のDOHCを採用したことで話題となった。


GS750は4気筒で、GS400は2気筒だったが、

エンジンパーツの多くに互換性があった。

最高出力は36psで、ライバルだったホンダ・CB400Tの40psには

及ばなかったが、ギア駆動の大型バランサーシャフトを搭載して

スムーズなフィーリングを実現していた。


スリムなボディデザインも魅力的だ。

タンクの装飾ステッカーがないなど余計な装飾を排除した

シンプルなスタイルには、現在でもハッとさせられるものがある。


そしてGS400に強いインパクトを与えたのは、

1982年から5年にわたって連載され、アニメ化や実写映画化も行われた

人気漫画「湘南爆走族」の登場人物“江口洋介”が、

このバイクに乗っていたことも大きいだろう。

青いタンクにピンクのファイアーパターンが入った江口洋介のGS400は

実車で再現するユーザーが現在でも後を絶たない。


GS400は1978年にマイナーチェンジを受けて

「GS400−II」とキャストホイール付きの「GS400E」になり、

1979年にはさらに小変更が行われた。

そして1980年にフルモデルチェンジによって「GSX400E」、

いわゆる「ザリガニ」の登場によってフェードアウトした。


その後1989年になって「GS400E」の名前が復活したが、

2気筒エンジンを積むこと以外、初代GS400Eを想起するものはなかった。

SUZUKI GS400 (昨年スズキ歴史館で撮影)

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 76-gs400