TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第77回 ホンダ・タクト(1980)

  • おすすめコラム
  • 2019.06.23

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、珍車カテゴリーではなく、1980年代大ヒットした原付スクーター初代「ホンダ・タクト」のご紹介です。イメージキャラクターはピーター・フォンダでした。

■ホンダ・タクト(AB07)  ■エンジン:2サイクル強制空冷49㏄

■最大出力:3.2ps/6,000rpm ■最大トルク:0.44kg-m/4,500rpm


いや、ちょっと待ってほしい、

「タクト」は“珍車”じゃない、「名車」でしょう、

という声が聞こえてきます。

そうなんです。わかっているのです。


僕はこちらでもう一つ「名車」コーナーも描いているのですが、

“名車”の数も膨大なため、

原付やミニバイクは極力こちらに集約することにしています。


と、前置きが長くなってしまいましたが、今回は「ホンダ・タクト」です。


日本のスクーター市場は

1976年デビューのステップスルー型スクーター、「パッソル」、

それに対抗してホンダが1980年に送り込んだ「タクト」で花開きました。


タクトはホンダ初のステップスルー型スクーターで、

スクーター自体もM85「ジュノオ」以来久しぶりでした。


シンプルなデザインの車体に

ファミリーバイク「カレン」ベースの2スト50ccエンジンを搭載。

スカートでも乗れるステップスルー型の威力は大きく大ヒットを記録し、

熾烈だったホンダとヤマハの原付ウォーズをさらに過激にしました。


初代タクトはバリエーションも多く、

セルスターター付きの「DX」、サイドトランクを備えさらに高級感を増した

「フルマーク」も用意されていました。


タクトは現在もなおホンダの原付スクーターとしてその名を残しており、

現行モデルは2015年登場の8代目にあたります。

当初ベトナム製でしたが、2016年に国内生産に戻しています。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 77-1980