TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第79回 ホンダ・マグナ50

  • おすすめコラム
  • 2019.07.28

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、マグナシリーズの末弟「ホンダ・マグナ50」のご紹介です。車名に含まれる排気量数は「ごじゅう」ではなく、あえて「マグナフィフティ」と読ませる独特なネーミングとなっています。

■ホンダ・マグナ50  ■エンジン:空冷4ストローク単気筒49㏄

■最大出力:3.9ps/8,000rpm ■最大トルク:0.38kg-m/6,000rpm


ホンダが1986年に発売した本格的な50ccアメリカンバイク、

「ジャズ」。https://www.moto-auc.com/report/column/10-jazz-1986


それまでの50ccアメリカンは

見られないほど本格的なチョッパースタイルを持ち、

エンジンはホンダらしく単気筒のカブ用の4スト・SOHC50ccで

経済性や耐久性も抜群。

手軽にカスタムを楽しめるバイクとしても人気を博し、

1997年まで発売されたロングセラーとなりました。


ジャズの生産末期となる1995年、

ホンダはもう一つの50ccアメリカンを発売しました。

それが、「マグナ50(フィフティ)」です。


ジャズと異なりカスタムクルーザースタイルのマグナ50の特徴は、

ホンダのクォーターアメリカン・クルーザー「Vツインマグナ」を

そのままスケールダウンしたような姿をしていることでした。


本格的な作り込みはジャズ以上。

全長は2m近くもあり、50ccとは思えない迫力を醸し出していました。


年齢問わず人気を博したマグナ50も息の長いモデルとなり、

2007年まで販売が続きました。

マグナ50の発売終了以降、50ccアメリカンは発売されていませんが、

原付バイクの販売不振が伝えられる今こそ、

こんな遊び心があるバイクがもっと増えたらいいですよね。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 79-50