TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第84回 スズキ・ハイ

  • おすすめコラム
  • 2019.10.06

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、元祖スズキ原付スポーツスクーター「スズキ・ハイ」のご紹介です。

■スズキ・ハイ  ■エンジン:空冷2ストローク単気筒49㏄

■最大出力:6.5ps/6,500rpm ■最大トルク:0.72kg-m/6,000rpm


1980年代に入り、各社から発売される

原付ファミリーバイクやスクーターの種類は、かなりの数になっていました。

スズキもその例に漏れず、ジェンマ、薔薇、モードGT、カーナ、ラブ、

シュート、ユーディミニなど数知れず、

心持ち原付を紹介する場所になりつつある

この「珍車」コーナーで一番多く取り上げてきたと思うのですが、

まだまだ、あるのです(笑)。

しかも、代表格がたくさん控えています。


今回取り上げたラブは、まさにそれ。

ハイパワーなスポーツスクーターの先駆けとも言えるハイは、

50kgを切る車重に6.5psのハイパワーによる

高性能を誇りました。


さらにハイを語るには、

豊富なカラーリングのことにも触れないといけません。

黒×ピンク、黒×黄色、白×ピンクという

今では考えられないようなポップな組み合わせのほか、

特別カラーとして

黒×赤×金のウォルター・ウルフ、

パステルブルーを基調にしたコナ・ウインズ、

白い車体に赤と青のストライプを配し、

ホイールをピンクに塗った「パーソンズ」も設定。

1980年代感全開でした。


しかも年式が進むと、このポップさが一気に消えて

ベースカラーが白と黒のモノトーンカラーに(極端だ!)。

当初のイメージキャラクターだった明石家さんま氏も

姿を消してしまいました。


アンチノーズダイブ付きフロントサスが奢られ、スポーティさをさらに押し出した「ハイR」の存在も忘れられません。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 84