TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第86回 マチレス・G50

  • おすすめコラム
  • 2019.10.27

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、​1959年に登場したプライベーター用の市販レーサー「マチレス・G50」のご紹介です。

■マチレス・G50 ■エンジン:‎4ストローク単気筒500cc

■最大出力: 52PS ■最高速度225km/h


英国のバイクは、驚くほど歴史が古い。

マチレスの前身は、1878年にヘンリー・ハーバート・コリアーが興した

自転車メーカーまで遡ることができる。

その後1899年に、マチレスという名が初めてついた

エンジン付き自転車の製造を開始。

1907年にはすでにマン島TTレースに参戦、

クラス優勝まで果たしていたことにも驚かされる。


1931年、マチレスは破産したAJSを吸収、

同じバイクにAJSとマチレス、2つのブランドを与えて販売するようになった。

さらに1938年にAJSとマチレスは発展して

AMCというメーカーの傘下に収まっている。


AJSもまた古いメーカーで、

1900年に創業者のジョー・スティーブンスが

エンジンの製造を始め、1909年からはバイクの製造販売に着手していた。


AJSとマチレスは、合併後もレース活動に行っていた。

特にAJSはAMCの中でもレース部門の色合いを濃くしており、

1959年に市販したレーサー「AJS 7R」は、マンクス・グランプリの

ジュニア暮らしで4回も年間タイトルを獲るほどに強かった。


今回ご紹介する「マチレス G50」は、1959年に登場。

7Rをベースとし、350cc単気筒エンジンを500ccまで拡大。

最高出力52ps、最高速度225km/hの性能を誇った。


G50の発売時、AMCはすでにワークス活動を休止していたが、

シンプルな構造で戦闘力が高かったG50は

プライベーターに好評を持って迎えられた。

軽量さを生かし、コースによって時には

ノートン・マンクスを打ち破る成績を収めている。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 86-g50