TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第92回 スズキ・ミニクロ50/75

  • おすすめコラム
  • 2020.02.10

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、小さなモトクロス用オフロードバイク「スズキ・ミニクロ」のご紹介です。

■スズキ・ミニクロ  ■エンジン:空冷2ストローク単気筒

■最大出力:5ps/8,500rpm ■最大トルク:0.45kg-m/7,500rpm


「今では考えられないほど原付(50cc)の種類が多かった」

というのは、このコーナーの裏テーマ(笑)になっています。


今回お送りする「スズキ・ミニクロ」は、

ミニ=小さい+モトクロスのクロから車名を取っている通り、

小さなモトクロス用オフロードバイクでした。


デビューは1975(昭和50)年。

スズキにはすでに1971(昭和46)年登場の「ハスラー50」という

本格的な50ccオフロードバイクがありましたが、

ヤマハのミニオフロードバイク「GT50」をライバルとして

スズキもミニモトクロッサーを発売したというわけです。


開発のベースは

モトクロス入門用で公道走行ができなかった「TM75」で、

これに保安部品をつけて市販化したのが「ミニクロ75(CM75)」、

さらにミニクロ50(CM50)はミニクロ75の原付版でした。

ミニクロ50のパワーは5psでハスラー比マイナス1psでしたが、

GT50ではオプションだった5速ミッションを駆使していました。


冒頭の話に戻ると、

あの頃のスズキの50ccのオフロード系モデルには、

「ミニクロ」「ハスラー」の他に

1978年からは「ミニタン」というミニスクランブラーまで

追加されていました。

ほんとうに現在では考えられないですよね。面白い時代でした。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 92-5075