TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第95回 カワサキ・KR750

  • おすすめコラム
  • 2020.03.15

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、数々のレースで活躍したレーシングバイク「カワサキ・KR750」のご紹介です。

■カワサキ・KR750 ■エンジン:‎2ストローク直列3気筒

■最高出力:120ps/9,500rpm


1971年に発売された、

「750SS」をベースとしたカワサキの市販レーサー「H2R」は、

1973年シーズンには好戦績を残し、

アメリカのAMAロードレース選手権では年間チャンピオンを獲得。

「グリーン・モンスター」とも呼ばれて讃えられた。


しかし空冷大排気量エンジンによる高性能と引き換えに

避けては通れない「熱対策」の問題が避けられず、

1974年には水冷の「TZ750」に1勝もできずに終えることになった。


そこでカワサキも水冷エンジンを搭載したマシンの開発を行い、

「KR750」を1975年に送り出した。

ピストンバルブの並列3気筒エンジンはH2Rと同じだが、

水冷化ならびにシリンダーをアルミ製とし、

ボア・ストロークは68×68mmのスクエア、

トランスミッションを6速にするなどを行い、

最高出力120ps以上を発生した。


水冷化によって得られたパフォーマンスによって

1975年のマン島TTレースではレコードを更新、

イギリスのスーパーバイク選手権やAMAでも

数々の勝利をカワサキにもたらした。


KR750による参戦は1976年で終わってしまったが、

高性能なグリーン・モンスターを

多くのファンに強く印象付けるマシンとなった。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 95-kr750