TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの珍車カタログ】第97回 ヤマハ・アクティブ

  • おすすめコラム
  • 2020.04.19

毎週お届けするイラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の珍車は、当時のスクーター最強のパワーを誇った「ヤマハ・アクティブ」のご紹介です。

■ヤマハ・アクティブ ■エンジン:水冷2スト・ピストンリードバルブ単気筒

■最大出力:5.5ps/7000rpm ■最大トルク : 0.58kg・m/5500rpm


今回お送りするのは、ヤマハ・アクティブです。

1983年登場の50ccスクーターになります。

また1980年代原付かー!という声が聞こえてきそうなのですが、

ここまでこのコーナーを96回お送りしたうち、

なんと半数は70〜80年代の50ccバイクを取り上げています。


でも、それでもまだネタがあるのです。

日本の50ccバイクおそるべしです……。


話をヤマハ・アクティブに戻しましょう。


各社ともにスクーターの車種が増えるとともに

ベーシックなバイク、上位モデルなどの車格が出始めました。

ホンダでは上位車種として1982年に「リード」を発表。

ライバルのヤマハが、それを追って発売したのが、

高級スクーターのアクティブです。


50cc初の7ポート・トルクインダクションを装備したエンジンを搭載。

当時の50ccクラス最高の5.5psを発生しました。

フロントサスペンションにもメカニカル・アンチダイブ機構を

備えるなど、装備も充実していました。


デジタルメーターとアナログメーター仕様が選べたほか。

「アクティブ・スポーツ」を途中で追加。

わずか0.2psですがエンジンをパワーアップ、タコメーター付き

3連メーターを装備するなど、スポーティさをアピールしていました。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = 97