TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【バイクカスタム】GN125H(ちょびっとソン)をカスタム!パート3

  • おすすめコラム
  • 2020.05.19

【医学生ライダーぷるみのぷるぷるツーリング】vol.10。GN125Hのカスタム最終回!今回はハンドル交換とフロントフェンダー切断、そして配車までのお話です。

皆様お疲れ様です。大学生になってからバイクを乗り始めました、ぷるみです。

最近は、コロナの影響で自宅学習が多くなっています。自宅学習をする合間で、

ツーリングの記事ではないですが、ライダーの皆様が、少しでも楽しくバイクとかかわっていけたらと思い記事にしました。お楽しみいただけたら幸いです。


今回はハンドル交換とフロントフェンダー切断、そして配車までのお話です。

  • スタイリッシュに変化!ハンドル交換

最初にハンドルですが、GN125Hはフロントフォークが長く、ハンドルも上の方だったのでアメリカンな印象がありました。ですので、ネイキットにしたいという思いもあり、カスタムすることとしました。


まず、ハンドル回りの部品を外しました。

アクセルの方のグリップはすぐにするっと取れてよかったのですが、、、

ブレーキの方はグリップとハンドルが接着剤でくっついているため、とるのが大変でした。

とり方は隙間に内装はがしやマイナスドライバーを差し込み、隙間からパーツクリーナーをかけて少しずつ取りました。


これはドライバー差し込んだらドライバーが抜けなくなった写真です。お気を付けください。

私はとれなくなってしまったので、そのままバイク屋さんに持っていって後日取ってもらいました。


( ↑ 後日、ハンドルをリュックに詰めて持っていくの巻き。)


ハンドル回りが取れたら、本来はこうなります。

つるつる(ただし、私はグリップ取れなくなってしまったので一部断念中ですが)ですね。


そしてさらにボルトをとっていくとこうなります。


その後、何箇所かボルトを外し、フロントフォークを突き出します。この時フロントフォークが錆びていると、うまく突き出しができないので、よくやすり掛けしてからしましょう。

やすりは#1000がおすすめです。


緩めるボルト一か所目。


緩めるボルト二箇所目。

この二箇所が緩んだら、フロントフォークが動くようになります。


そして、突き出したフロントフォークに用意していたハンドルを装着するとこうなります。

セパハンが見えてきました。

スタイリッシュに変化!ハンドルを交換した時が他の部品を交換した時よりも一番印象変わったように思えました。


ハンドルのbeforeafterはこんな感じです。

向きが真逆ですね笑!

  • フロントフェンダーはちっちゃく切断。

次にフロントフェンダーは、全くない方がタイプではあるのですが、雨の日とか泥が凄い跳ねると聞いていたので、切断してちっちゃくすることにしました。(機能的には大きい方がバッチリだったのですが笑)


Beforeからの


Afterです!


ちっちゃくなりました!この作業は私がグラインダーを持っていないので、バイク屋さんにお願いしました。

いい感じにかっこよく切ってくださいました。自分のセンスと合うバイク屋さんに出会うことがもしかしたら一番バイクを楽しめる秘訣かもしれません笑!


これにて、私のちょびっとソン(GN125H)のカスタムは終了しました。

完成品がこちらです。

なんて渋くてかっこよくなってしまったんだ!!!

惚れなおしました笑!


そして最後の作業、配車です。

最近、CB400SSを手に入れまして(ツーリングが解禁になりましたらご紹介します!こうご期待!!)、このちょびっとソンはあまり乗っていませんでした。ですので、最近バイクの免許を取りたての友人にこのバイクをあげる(貸す?)ことになりました。


長距離の配車をお願いしたのですが、結構安くてびっくりしました。


配車後、ちょびっとソンがいなくなった駐輪場を見た時、凄く寂しい気分になりました。

こんなにかっこよくなっちゃって、もっと乗っていたかったとも思いましたが、次の出会いで、もっと活躍して楽しく走ってくれることを祈っています。

安全に!そして友達を事故から守ってね!我が愛車ちょびっとソン!!いってらっしゃい!!!


以上で、私とちょびっとソンとのラブストーリーはここで幕を閉じました。

乗り物との別れは家族を送り出すかのような寂しい気持ちになることを今回知ることができました。

バイクを買う、バイクに乗る、バイクを売る、色々なことがあると思いますが、どうか家にバイクがある皆さん、これから乗ろうと思っている皆さん、バイクを大切にして、悔いのない楽しいバイクライフを送ってください。


ぷるみのカスタムストーリーをここまで読んでくれた読者の皆様ありがとうございました。

また機会がありましたらカスタムして、また記事にしていきたいと思いますので。どうぞよろしくお願いいたします。


ご安全に!

では、また!!!

制作・協力

ぷるみ

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す