TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【あみ into MOTO】絶品あんこう鍋に感動!大洗ツーリング

  • おすすめコラム
  • 2021.03.09

【あみ into MOTO】vol.1。バイクタレントとして活躍中の木村亜美(愛称:あみーご)さんの連載コラムがスタート!第1回目となる今回は、茨城県大洗町へツーリング!絶品ご当地グルメや市場見学を楽しんだようです♪

こんにちは、バイクタレントの木村亜美です。この度、バイクの窓口にて私の連載コラムが開始いたしました!まずは、今回“はじめまして”の方へ簡単な自己紹介をさせていただきます。



  • ■木村亜美(愛称:あみーご)ってこんなひと

バイク乗りの父に憧れ、学生の頃に二輪免許を取得。ファーストバイクはHONDA CBR250Fourでした。当時ではまだ珍しかった“女子高生ライダー”としてバイク誌などに出演しつつ、その自然な流れで18歳で大型バイクの免許を取得。当時の私の相棒はDUCATI996。以来、“人生の半分以上はバイクに乗っているんじゃないか?“ってくらいの月日を重ね、今に至ります(笑)。


バイクに対する愛は今も昔も変わらず、そしてバイクから広がった新しいジャンル、三輪(トライク)、クルマ、水上バイクなども、いまでは私の大切な“乗り物ライフ”の仲間たちです。


コーナータイトル【あみ into MOTO】は私が決めたタイトル。『あみはMOTOに夢中(ハマっているよ)!』という意味を込めて考えた“造語”になります。そして、こちらのコラムでは私のモーターサイクルライフやツーリングレポートなどを毎月惜しみなく発信していきます。みなさんの充実したバイクライフの一助となれば幸いです!

  • お天気に恵まれ / 冬の絶品あんこう鍋

連載第1回目のコラムは、やっぱり定番ツーリングレポートですかね!つい先日、愛車aprilia TUONOと一緒に茨城県大洗町へツーリングに行ってきた、その1日をご紹介。大洗って、関東でも有数の観光スポットや名所があるのに、今までほとんど行ったことがなくて見たもの食べたものすべてが新鮮でした。最近では、某有名アニメの舞台にもなった大洗。コロナ禍ではあるものの、“聖地巡礼の地”としてその知名度をさらに上げて、訪れる人も多くなったみたいです。


さて、この日は清々しい快晴のもと、北関東自動車道、水戸大洗ICを降りてまず最初に向かったのは大洗のシンボル“大洗マリンタワー”!大洗港を大パノラマで臨むことができる、高さ60メートルのタワーは、圧巻!先鋭的なデザインもかっこ良くて、建物の構造も見ていて興味深い。この日は展望台までは登らなかったけど、次回は絶対!大洗から臨む大海原を拝んでみたいなぁ。


私のツーリングって割と“行き当たりばったり派”なんですが、今回はお目当てのランチがあったのでこの日ばかりは予約していきました。茨城県大洗といえば!?冬の味覚の代表格『あんこう鍋』!茨城県内各地で味わえるあんこう鍋ですが、今回私が選んだお店はお宿と食事処を営む『地魚の宿・日野治』です。



ちょうどランチタイム、お客さんで賑わう店内。予約していたあんこう鍋は、待つことなくテーブルに配膳され、綺麗に盛られたお皿をみて満面の笑みになります。ぷりぷりの白身と、濃厚なあん肝、最高においしい贅沢ですね。バイクで走って冷えた身体に、温かいお鍋が染みわたります。栄養満点のあんこう鍋、美肌効果が期待できるコラーゲンもたっぷり溶け込んで、お腹も心も満たされました!

お食事処・日野治では特選海鮮丼もお薦め!新鮮な海の幸が丼を彩り食欲をそそります

  • 魚好きは必見

ランチの後は、那珂湊おさかな市場(茨城県ひたちなか市)へ。那珂湊港で水揚げされる新鮮な魚介類が並ぶ有名な観光市場で茨城県を代表する観光スポットでもあります。場内はレストランやお土産屋さん、そして海を眺めながら休憩もできるスペースもあり、1日いても飽きない感じ。さらに、市場の方へ向かうと次々と迫力満点の魚たちに目を奪われます。

どこをみても「すごーい!!」って大興奮


小さい頃から水族館や釣りが好きだった私。那珂湊おさかな市場にいる時が、この日一番テンションが上がっていたと思います(笑)。見たことないような魚介類がたくさんで、歩いているだけで感激。この日はバイクに十分な積載はできないため、お土産は買わずに場内見学。それだけでも十分に楽しくて、お薦めのお立ち寄りスポットです。

  • 五感で楽しむ乗り物だからこそ

夕刻近く、そろそろ帰路につく前に海を眺めに行きました。いつものようにふらっとバイクを走らせ立ち寄った海岸沿いの駐車場。場所はどこだったのか、よく覚えていませんが、そこの駐車場の雰囲気がとても良くて印象に残っています。磯波の音、潮の香り、空と海のコントラストをいつまでも眺めていられる。昔から海が好きで、バイクで自由に出かけられるようになってからは、海を見に行くツーリングが多いように思います。生まれも育ちも山側だからかな・・・(謎)?。海って、すごく心が落ち着くんだよね。


私のバイクライフって、オンロード・オフロード・キャンプやレースなど多岐にわたります。乗り手と一緒にいろんな楽しみ方ができる、オートバイって本当に面白い。これからもいろんなバイクライフをご紹介いたしますので、今後とも、どうぞよろしくお願いします。


それでは次回のコラム【あみ into MOTO】をお楽しみに!

制作・協力

<プロフィール>木村亜美

東京出身、タレント・ライター・YouTuber。雑誌広告、映像など各種メディアで活動するかたわら、バイク・クルマ・カンナム・水上バイクなど公私ともに乗り物が大好き。所有バイクはaprilia TUONO V4 1100 Factory、KTM150EXC TPI、HONDA CRF125、YAMAHA WR250R、BRP can-am Rykerなど。

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す