TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

Mxフィールドトヨタでオフロード走行に挑戦!

  • おすすめコラム
  • 2021.07.05

【☆地球を駆け回る!旅リポライダーELISのモトレポート☆】vol.4。オフロード走行にも果敢に挑戦するELISさん、かっこいいですね~!

こんにちは、ELISです^^


今日は、AJ愛知が主催する「オフロード走行会」というイベントに参加してきたので、その模様をレポートします♪


このイベントには、国際ライセンスを持つプロライダーもプチレッスンをしてくれれたり、自分のレベルに合わせて参加コースを選べるので、ベテランからビギナーまで、気軽に参加できます。


このオフロード走行会のイベントは年に2回、夏と秋に行われるもので、前回は11月に初めて参加しました。


なので、約半年ぶりのコース走行・・・(・・;)

しかも今回は走るランクが1つ上がったので、走行寸前までドキドキ♡


前回紹介したオフロードアイテムの記事では、ビギナーに向けた必須アイテムということで(ヘルメット・ゴーグル・プロテクター・ブーツ)紹介をしましたが、今回はオフロードを走るライダーたちが実際に着用しているオフロードウェアで参戦。


オフロードウェアは、このようにカラフルなデザインが多いんです♪

  • 国際ライセンスを持つライダーのプチレッスン


久しぶりに走行する方や、ビギナーライダーに向けられた、乗り方のレッスンを受けました。


オンロードとオフロードは乗り方が全然違うので、最初は戸惑うことも多いです。

例えば、バイクに座るポジションは、シートの前寄り(バイクのセンターの位置を軸になるように)座ることや、ハンドルの握り方も人差し指で持つようなくらいライトに持つこと、など今までとのギャップにびっくりします。


でも、「オフロードでバイクの乗り方はうまくなる!」と言われるほど、バイク技量も自然と上達してしまうのも事実。


私も感じたことがあるのですが、オフロード走行の後にオンロードを走ってみると、「あれ?なんて楽なんだろう!!」と違いを体感できますよ^^

  • それでは、レッツゴー!


今回の走行イベントが行われた会場は、愛知県と豊田市にある「MXフールドトヨタ」。山を切り開いた自然の中にあるコースは、アップダウンのある激しい傾斜があったり、カーブがいくつもあったりとかなり面白い!!


ベテランライダー達は、ものすごいジャンプをするので休む暇なく走る姿に釘付けになります。


私の走るBクラスの走行時間になり、コースイン!

しっかりと馴染んでおります。


久しぶりなので、走行寸前までかなり緊張しましたがカメラに向かっては、ちゃっかりポーズを決める。

  • 走行の様子

先程の開けたコースから山の中のコースに入り、さらに激しいアップダウンが続く場所では、このようにジャンプのチャンスもあります。


先ゆくライダーの走り方を見ながら真似るものの、ガチガチでうまく力が抜けていないので、転倒も数回・・・


ベテランの方には「オフロードでは転んでなんぼ!怖さを飛び出して、力を抜けるようになったら早くも走れるし、ジャンプも軽やかにできる!」と言われ、どんどん転ぼうという気持ちになりました!


上手くなりたい!!!


普段のツーリングでは、「上手くなりたい」という気持ちになることってあまりないと思うんです。


でも、こういったイベントで多くのライダーと走り、姿を見る刺激がバイクの新し世界に入り込んで、また違う気持ちが芽生えました。


バイクの色々世界、見える景色、感じることまたレポートしていきます♪

制作・協力

ELIS

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す