他カテゴリ記事を絞り込んで探す

ホンダ ニューモデル撮影会 Part1 新型 CL250 & CL500 写真集!

  • おすすめコラム
  • 2022.11.17

今回はホンダのニューモデル撮影会Part1で、新型 CL250 & CL500 写真集をご紹介します!

メディア向けに行われた、ホンダ ニューモデル撮影会に参加しました。

 

この日は話題の新型車が多数用意され、撮影が出来ました。

発表されたばかりの注目モデルを紹介します!

 

今回の取材では車両に関する資料の配布はありませんでしたので、情報は下記サイトを参照しています。

 

HondaGO バイクラボ

 

尚、撮影した車両は試作車のため、量産車とは一部仕様が異なる場合がございます。

 

【目次】

1.新型 CL250 & CL500の特徴

2.ホンダ ウエルカムプラザ青山では新モデル展示

 

  • 新型 CL250 & CL500の特徴

ホンダ CL250 プロトタイプ

 

「スクランブラー」スタイルの250ccクラス新型車。

 

イタリアで開催されたオートバイ国際見本市のEICMA(エイクマ)2022で発表されたCLシリーズ。

 

CL250は、レブル250のフレーム、エンジンをベースに生み出されたモデル。

アップタイプのマフラーと、新デザインのフロント19インチ / リア17インチのホイールが目を引きます。

 

パワーユニットは、水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジン搭載。

前後タイヤは、オンロード寄りの大きめなブロックパターンを採用。

 

マフラーは、縦置きの2本出しタイプ。

前後サスペンションは、ストロークをたっぷりと確保しているようです。

 

ヘッドライトは、4眼インナーレンズ式のLEDヘッドライト。

フロントフォークブーツを装備。

 

スッキリとした印象のハンドルまわり。

新デザインのタンクは、オレンジのカラーが目を引きます!

 

フラットな座面のタックロールシート。残念ながら、今回は跨ることが出来ませんでした。

タンデムシートとともに、座り心地はソフトな印象です。

 

撮影の際の押し歩きは、レブル250と同様に軽くてラクでした。

使い勝手の良さを感じるスタイルに、期待が高まります!

 

ホンダ CL250 プロトタイプ 純正アクセサリー装着車

 

「Crossスタイル」というパーツ類を装着したモデル。

オフロードテイストのアクセサリーを装着して、ワイルドなイメージを構築。

 

ヘッドライトバイザー、アップフェンダー、ナックルガード

 

ブラウンのフラットシート、リアサイドカバー、リアクッションカバー

 

ラリーステップ

 

カスタムベースとしての素性もレブルから引き継いでいますので、見ていると妄想が膨らみます!

 

ホンダ CL500 プロトタイプ 純正アクセサリー装着車

 

EICMA2022で発表されたCL500。

パワーユニットは、水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジン搭載。

 

CL500は「ツーリング仕様」にカスタマイズ。

38L トップボックス ワン・キー・システムタイプ

 

サドルバッグ

 

スポーツグリップヒーター

 

アクセサリーソケット

 

アジャスタブルブレーキレバー

 

タンクパッド(センター)

 

リアキャリア

 

バックレスト

 

  • ホンダ ウエルカムプラザ青山では新モデル展示

ホンダ ウエルカムプラザ青山は、2022年11月15日(火)~12月4日(日)まで、話題の新モデルを展示。

「Motorcycle New Model Show in Aoyama / プロジェクトBIG-1・30周年記念展示」を実施。

市販予定車を中心としたニューモデルと、最新モデルなどを展示。CL250 / CL500も!

 

2022年11月26日(土)には、プロジェクトBIG-1・30周年記念及び、HAWK11のトークショーを実施。

 

イベントの詳細は、下記サイトで!

ホンダ ウエルカムプラザ青山

 

制作・協力

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.