他カテゴリ記事を絞り込んで探す

ホンダ ニューモデル撮影会 Part2 新型 レブル1100T & CBR250RR 写真集!

  • おすすめコラム
  • 2022.11.24

今回はホンダのニューモデル撮影会Part2で、新型レブル1100T & CBR250RR写真集をご紹介します!

メディア向けに行われた、ホンダ ニューモデル撮影会に参加しました。

 

この日は話題の新型車が多数用意され、撮影が出来ました。

発表されたばかりの注目モデルを紹介します!

 

今回の取材では車両に関する資料の配布はありませんでしたので、情報は下記サイトを参照しています。

 

HondaGO バイクラボ

 

ホンダ EICMA 2022 出展概要 ニュースリリース

 

尚、撮影した車両は試作車のため、量産車とは一部仕様が異なる場合がございます。

 

【目次】

1.新型レブル1100Tの特徴

2.新型CBR250RRの特徴

3.ホンダ ウエルカムプラザ青山で新モデル展示

 

  • 新型レブル1100Tの特徴

ホンダ レブル1100T プロトタイプ

 

大型クルーザーモデルのレブル1100に、新たな装備を施したツーリング・バージョンを追加。

 

快適性・実用性を重視した装備で、長距離走行での負担を軽減&利便性を向上。

 

ワイドでエアロダイナミックな、フロントフォークマウントのハーフカウルを装着。

 

カウルは、視界に与える影響が少ない印象。

 

新たな装備のサドルバッグは、カバーヒンジ付き。容量は、右 : 16L、左 : 19L。

 

サドルバッグは、スタイリングに馴染んだデザインで一体感を強調。

 

装備を追加しながらも、低く構えたスタイリングの「レブルらしさ」をキープ。

 

パワーユニットは、水冷4ストローク OHC 直列2気筒1,082ccエンジン搭載。

 

トランスミッションは、クラッチ操作が不要な電子式6段変速のDCT。

 

快適なロングツーリングを実現させる、シングルシート。

安心感が高い、シート高700mm。

 

カラーリングは、ガンメタルブラックメタリック。

 

精悍な佇まいのスタイリングは、存在感が高かったです!

 

  • 新型CBR250RRの特徴

ホンダ CBR250RR プロトタイプ

 

操る歓びを妥協なく追い求めた、250ccのスーパースポーツモデルがモデルチェンジ。

 

新型のコンセプトは「フォルムも走りも、よりアグレッシブに。」

 

新デザインのカウルによって、よりシャープな造形に。

 

「目指したのは、あらゆる人が、技量に応じて最高性能を引き出せること。」を目標に開発。

 

ホワイトとグレーのカラーリング&新グラフィックが目を引きます!

 

キャラクターラインの変更により、表情が変化したアッパーカウル。

LEDデュアルヘッドライトを継続採用。

 

ミドルカウルはエアアウトレットを小型化して、スッキリした印象のシルエットに。

 

エンジンの存在感を高めた形状のロアカウル。

水冷4ストローク DOHC 4バルブ直列2気筒エンジン搭載。

 

シートカウルも新造形に変更。

 

スムーズな操作を生む、アシスト&スリッパークラッチを採用。

 

電気信号を介して緻密な制御を可能にした、スロットルバイワイヤシステムを採用。

 

低い位置のセパレートハンドルによって、前傾姿勢のライディングポジションを構築。

 

新たにショーワ(日立Astemo株式会社)製SFF-BP倒立フロントフォークを採用!

 

シャープさを増したアグレッシブなスタイルを前にして、走りへの期待が高まりました!

 

  • ホンダ ウエルカムプラザ青山で新モデル展示

ホンダ ウエルカムプラザ青山は、2022年11月15日(火)~12月4日(日)まで、話題の新モデルを展示。

「Motorcycle New Model Show in Aoyama / プロジェクトBIG-1・30周年記念展示」を実施。

市販予定車を中心としたニューモデルと、最新モデルなどを展示。

レブル1100T、CBR250RRと、CL250、CL500も!

 

2022年11月26日(土)には、プロジェクトBIG-1・30周年記念及び、HAWK11のトークショーを実施。

 

イベントの詳細は、下記サイトで!

ホンダ ウエルカムプラザ青山

 

制作・協力

(取材協力)

本田技研工業株式会社

株式会社ホンダモーターサイクルジャパン

 

(写真・文)

森井智之

オークネット提供サービス一覧

© 2016- AUCNET INC.