TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【遠藤イヅルの名車カタログ】第6回 トライアンフ・T20 タイガーカブ

  • おすすめコラム
  • 2016.06.25

イラストレーター遠藤イヅル氏による名車・珍車を紹介するコーナーです。 今週の名車は、歴史あるトライアンフの中から、「トライアンフ・T20タイガーカブ」のご紹介です。

トライアンフ・T20 タイガーカブ (1959年)

空冷OHV単気筒199㏄ 最高出力10hp/6000rpm


英国を代表するバイクメーカー「トライアンフ」の歴史はとても古く、

源流を辿れば1885年に設立された「ジークフリード・ベットマン貿易会社」

(Siegfried Bettmann & Co. Import-Export Agency )が

当初扱っていた自転車の商標名「トライアンフ」に端を発する。


1902年にはバイクの製造を開始、20世紀初頭には

早くも開催されていたバイクレースで勝利し、名声を高めていった。


なお、4輪のトライアンフはバイクのトライアンフが

1920年~1936年まで製造していたが、

それ以後4輪のトライアンフはブランド名が同じながら

バイクのトライアンフとは関係のない会社となっている。


当初コヴェントリーで製造されていたトライアンフは、

第二次大戦中に軍用車の製造を行っていたために

空襲に遭い壊滅。そこで1942年にはメリデンに工場を移設、

ただちにバイクの製造を再開した。


メリデン工場は、

日本製バイクの地等に追われて1983年に閉鎖されるが、

1990年に立ち上がった新生トライアンフが

ヒンクレーに新工場を建設してニューモデルを発表。


以降トライアンフは、

英国製モーターサイクルの流儀を守ったバイクとして

独自性を持ち、バイクブランドとして

多くのファンを獲得している。


今回取り上げる「T20 タイガーカブ」は

メリデン工場で1954年から1960年代末まで

製造された「小さなトライアンフ」で、

1952年に登場した150ccモデル「T15テリア」の

事実上の200cc版であったが、


デュアルシートを備えた大排気量モデルと同じ風格ある

デザインのボディに扱いやすい199ccOHV単気筒エンジンを

搭載した軽快なモデルとして人気があった。


タイガーカブ系バイクは長きに渡り製造されたため、

アメリカ向けモデルのT20W、トライアル向けのT20Tのほか、

T20C、T20J、T20CA、T20S、T20SL、T20WD、T20SS、

T20SH、TR20、T20SC、T20SR、T20SM、T20Mなどなど、

膨大なバリエーションを誇り、外観も多岐にわたった。


イラストは1959年式のT20である。

制作・協力

(イラスト・文)遠藤イヅル

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す