TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

あなたも損害賠償金3億円!?実に怖い任意保険の未加入!

  • その他の記事
  • 2018.02.06

今回は任意保険についてMATUさんが物言います。任意保険の重要性が改めて感じられる記事となっております。

2輪ライターのMATUです。

いきなり、何の記事?かと思われたか方もいるかと思いますが、

以前にお話しさせていただいた任意保険の未加入についてです。


KCBM(カワサキコーヒーブレイクミーティング)のイベントで知人に出会い、

任意保険加入についてのお話になりました。


概要は、知人は仕事の関係で時間がなく、

バイクに1年に2~3回位しか乗れなく短時間しか乗らないから任意保険を解約するというお話です。


筆者は、2輪モーターサイクルライター(長いので普段は2輪ライターと表記してます)

の立場で、色々な方とお話しさせて頂いてますが

車両を運転する上での任意保険の加入は絶対必須だと、みなさんにお話させて頂いてます。

そこで少し、任意保険加入の事について・・・。

  • そもそも任意保険の加入の必要性とは?

任意保険は個人の自由な意志で加入し、

入らなくても自由な保険でありますが強制保険(自賠責保険)だけでは保証が最低限な為、

事故の被害者に対して満足な保証ができません。


強制保険による保証は、事故の被害者1名に対して死亡による損害で3000万円、

傷害の損害で120万、後遺障害は程度により75万~4000万と保証が限定的であり

保証額を超過してしまえば、残りは自己負担となります。

個人の家計から到底、負担できる額ではありません。

  • 任意保険の未加入なんているの?

自動車や2輪車(以下、「車両」とする。)を運転する際、必ず強制保険の加入が必要となってきますが、

任意保険に加入せず車両(原付含む)を未加入のまま平然と運転しているライダーがいるのが現実です。


「任意保険の重要性と加入率!」

強制保険は、事故被害者の身体にしか保証されず、それ以外には一切保証されません。

通常、事故は車両本体や電柱、ガードレールなどの破損、

自分や搭乗者のケガなど相手方の身体以外にも多くの損害が発生し費用も莫大になってしまいます。

そこで、強制保険だけでは補填できない部分を任意保険で厚い保証をしてもらうわけです。


実際、どれくらいの車両が任意保険に未加入かと言うと、日本損害保険協会の統計からは約74%しか加入していなく、

残りの26パーセント・・・実に4台に1台は任意保険に未加入と言うことになります。


数値上では、74%と言うと多い様に見えますが日本で走行している車両の4台に1台は、

任意保険未加入と聞くと決して多い数値ではないと思います。

  • 年々高額になる損害賠償額!!

2000年代以降、交通事故の被害者に対する補償額が高額になりつつあります。

事故の損害額は、被害の大きさや相手方の仕事や年齢、収入などにより変わりますが

死亡事故よりも後遺障害の方が賠償額が大きくなります。

交通事故民事裁判例TOP30を見ても、最低の賠償額でも2億7千万以上、

高額賠償の60%以上が3億円以上、1番高額な損害賠償額に至っては、5億円以上になります。

通常一般人が、数億円の支払いをすることは困難に近く人生を台無しにしてします。

やはり、備えあれば患いなしと言うように任意保険の加入は必須と言えるでしょう。

車両の任意保険は掛け捨てであり、保険料が高い費用だと思われがちですが

実際には、わずが数万程度の費用で大きな保証をしてくれる強い味方です。

強制保険だけでは補填しきれない、様々な範囲を任意保険は保証をしてくれます。

この、任意保険の未加入率は2輪車だけでなく4輪車を含んだ数値ではありますが、

ひとたび事故を起こしてしまえば2輪4輪の区別は関係ありません。

車両を運転する上では、任意保険の加入は免許取得と同じくらい絶対的な必要事項と

捉えてもいいでしょう。

バイクの窓口でもバイクの保険の記事が掲載されています。

ぜひ、参考にして下さい。https://www.moto-auc.com/help_report/648

それ以外に、バイクの窓口専用みんなのバイク保険(日本少額短期保険株式会社)

なんてのもあります。http://www.n-ssi.co.jp/aucnet-hoken/index.html?p1=...


ぜひ、自分のバイクライフにあった任意保険の加入をオススメ致します。

制作・協力

MATU

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す