TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

ツーリングデートに誘われた時、女性の服装や髪形は?

  • その他の記事
  • 2019.09.16

デートの定番といえば映画やドライブ、食事など、さまざまなものがあります。なかでも、2人の距離を一気に近付けやすいと言われているのがツーリングデートです。女性をタンデムシートに乗せてバイクに乗ることで、物理的にも心理的にも距離が縮まるツーリングデート。しかし、ツーリングデートが初めての女性の場合、どのようなポイントに注意すれば良いのか分からないという方も少なくありません。そこで今回は、ツーリングデートに最適な服装や髪型のポイントをご紹介します。

  • ツーリングデートに適した服装と髪型

バイクは自動車と違い、いくつか注意しておかなければならないポイントがあります。どのような服装と髪型がツーリングに適しているのか具体的に例を挙げてみましょう。


まずは大前提として、バイクに乗るためにはヘルメットの着用が必須です。これは運転する人だけではなく、後部座席であるタンデムシートに乗車する人も必ず着用しなければなりません。ヘルメットは2人分あるか事前に確認しておきましょう。もしもこれからヘルメットを購入する場合は、バイクのスタイルなども考慮して2人で選ぶのもおすすめです。ヘルメットにもさまざまな種類がありますが、中古バイクショップなどで販売しているヘルメットは安全性が高いものが多くおすすめです。


次にジャケットとボトムスについてですが、可能であればライダースジャケットのような厚手の素材のものが理想的です。すぐに用意できなければ、最低限長袖のジャケットとジーンズのような丈夫な素材のボトムスを着用しましょう。

靴や手袋もバイク用のものが販売されていますが、準備できなければ厚手の素材のものを選びましょう。特に靴はソール部分がしっかりと丈夫なものを選ぶことが重要です。バイクが転倒した際に足を挟まれることもあるため、安全を考えて丈夫なブーツやスニーカーが望ましいです。


最後に髪型についてですが、ロングヘアの女性は髪をまとめておきましょう。風で髪がなびき、運転の妨げになる危険性もあります。また、ヘルメットをかぶることを前提として考えると、髪はトップでまとめるのではなく、後頭部に近い首のあたりでまとめたほうが良いでしょう。

  • ツーリングデートにNGな服装

次に、ツーリングデートには適さない服装と髪型の例を挙げてみましょう。

ジャケットやボトムスなどを着用する際に、肌の露出があるものは避ける必要があります。特に夏場はTシャツ1枚にショートパンツなど、ラフな格好でバイクに乗りたくなる気持ちになるものですが、万が一転倒した場合のリスクを考えると軽装でバイクに乗ることは非常に危険な行為です。


同様の理由で、サンダルやクロックスでバイクに乗ることも危険です。バイクが転倒した際に足が挟まれ、最悪の場合骨折などにつながる危険性があります。また、女性ならではの注意点として、ヒールの高い靴も避けるべきです。バイクに乗車する際と降車する際にバランスを崩して捻挫をする危険性があるためです。


また、春や秋のツーリングで犯しやすいのがマフラーの着用。寒いからといってマフラーを身につけたままバイクに乗ると、風で運転車にマフラーがかかってしまい、視界を失って事故の原因にもなります。

このように、バイクに乗る際にはさまざまなポイントに注意しなければなりません。軽装でバイクに乗ることはもっとも危険な行為であり、避けるべきだということをぜひ覚えておきましょう。

  • バイクに適した服装と髪型で楽しいツーリングを

女性のなかにはバイクに乗ること自体が初めてという方も多いと思います。自動車と違い、バイクは周囲をボディで守られていないため、暑さや寒さをダイレクトに感じ、さらには万が一の場合にもダメージを受けやすい乗り物です。


だからこそ、ツーリングデートに出かける際には正しい知識を身につけ、ツーリングに適した服装と髪型を準備しておく必要があります。これからバイク用のアイテムを取り揃える場合には、中古バイクショップのような専門店で探してみるのもひとつの方法です。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただき、ツーリングデートを思う存分満喫してきてください。

制作・協力

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す