TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

夏の思い出!鈴鹿8時間耐久ロードレース初観戦レポート

  • その他の記事
  • 2018.09.08

【NANA-KOの気ままなバイク日和】vol.41。NANA-KOさん初めての8耐観戦レポートです!前夜祭からたっぷりと堪能した様子。初参戦だからこそ感心を持つことはきっと多いはずですね。

先日開催された「"コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」

皆さんはご覧になりましたか??

私は初めて鈴鹿サーキットに観戦しに行ってきました

  • NANA-KOさん初の8耐観戦は前夜祭から!

とはいえ鈴鹿サーキット自体行くのは初めてです。

8耐も実は去年まで全く興味がありませんでした。今まではサーキット自体に興味がなかったんですよね…。

ですので、にわかファン目線(笑)でのレポートになりますので、ご了承ください。

とりあえずコンビニエンスストアで観戦チケットを購入し、いざ鈴鹿へ!



とはいえ、どういう流れで8耐が進行するのかさっぱりわかっていない私。

現地で過去にも8耐を観戦しているバイク仲間と合流して、いろいろと連れまわしてもらいました(笑)

ところが東から西へ移動するという今までにない動きをした台風12号が上陸するかも知れない!?ということから、土曜日はレースのスケジュールが変更になり、会場内で開催される予定の各種イベントも音楽ライブの8FES以外はすべて中止になってしまいました(涙)

強風に備えて各メーカーのブースもすべてクローズ。鈴鹿サーキットのオフィシャルショップと飲食店のみが開いている状況です。



こうなったら、とことんレースを観戦します!

土曜日午前中から開催される4時間耐久レースには、袖ケ浦フォレストレースウェイでの走行会でお世話になっているドッグファイトレーシング(http://dogfight-racing.com/)から小椋華恋さんと草薙伸一さんが出場です。

華恋さんの本気走りは初めて見ましたが、カッコいい!



しかしとにかく蒸し暑くて、冷たいもの!と赤福氷を食べに来ちゃいました。

ゲートの外で販売しているので、再入場時にはパスを見せる必要がありました。友達はパスをテントのところに置いてきてしまったので、私が2つ買ってきました(笑)

数年前に伊勢のおかげ横丁で食べているけど、また食べられる~♪

甘い抹茶のシロップと中に入っている赤福が美味しいんですよねー


午後3時からは8耐のフリー走行がスタート。フリーと言えど重要な調整時間。トップライダーたちの走行は見ていてワクワクしますね。

カワサキTeam GREENはジョナサン・レイが金曜日の公式予選で2分5秒1を出して大きく注目をされていました。土曜日夕方に開催された上位10チームで行う最終予選(予選上位10台が1台ずつ出走し、ポールポジションを争う「トップ10トライアル」は、台風の影響から10台が同時に40分間のタイムアタックを行う方式に変更)でも好タイムを出していましたよ。目の前を走り抜けていく彼のライディングは、なんともスムーズで流れるような感じだったのが印象的でした!


そうこうしているうちにあっという間に前夜祭の時間に。

台風が迫ってきているので予定を2時間前倒しして開催です。

注目の5チームのトークショーが行われました。この時はチケットの種類は関係なくグランドスタンドに入れたので、私たちはステージの目の前を陣取ることが出来ました。


そのあとはお待ちかねのピットウォークです。

各チームのピットの前に行くことができ、チームのグッズをもらったりキャンギャルのおねーさんたちの写真撮ったり、それはもう大騒ぎ(笑)

気になるライダーにも会えるのですから、ファンにはたまらない時間ですね。

そんなこんなで1日目終了!

  • 本日は決勝の観戦!

深夜に台風が伊勢に上陸、大荒れの天候に。

先出のバイク仲間たちはキャンプ村でテント泊でしたが、一人のテントが風に大きく煽られたのでコース下のトンネルに逃げ込んだとか…。

無事で良かったです^^;


いよいよ今日は決勝。

決勝前にウォームアップ走行が行われ、そのあとは決勝前最後のピットウォークです。

決勝スタート2時間前に行われたのですが、気さくに写真撮影やサインに応じるライダーや監督たちが印象的でした。

Team KAGAYAMA U.S.A.のケビン・シュワンツ監督の前は長蛇の列でしたよ!


いよいよスタート!

スタートは耐久レースでおなじみのルマン式です。

会場や生中継で観戦されていた方はご存知かと思いますが、実はスタート直前に土砂降りの雨が降ってきたんです。

タイヤをレインに替えるか?スリックのままで行くか?

ピットは混乱していたようですね。

スタートディレイ(遅延)もあるか?というところでしたが、オンタイムでスタート!


その後、カラッと晴れてきてあっという間にコースは乾き始めます。ですがコーナーによっては濡れたままのところもあって観ているこちらは冷や冷や!


レース中、パドックの方にも行ってみました。

舞台裏ならではの、ライダーを支えるスタッフの皆さんのお仕事も垣間見ることが出来ました。

洗濯機が置いてあるのですが、走行が終わったあとのインナーウェアなど、すぐにお洗濯して干すのです。

熱くなった体を冷やすためにプールも各チームで置いてあったり。

レーシングスーツも干してあるのですが、干し方が面白いチームもありましたよ(笑)

好きな2つはこちらw


途中、土曜日は中止になってしまっていた、トライアルライダーによるパフォーマンスイベントが開催。

藤井慎也さん、小玉絵里加さんとMCシモさんのやり取りが楽しくて面白い!パフォーマンスをさらに盛り上げてくれます!

この3人のパフォーマンスは前から見たいと思っていたんですよ、念願叶ったー!


それにしても鈴鹿サーキットは広いです。

友達がテントを張っている逆バンク側をメインに、最終コーナーあたりで観戦していたのですが、2コーナーの方へ歩いて行ったら…これウォーキング?と感じるくらい歩きました。

西コースの方へも行ってみたかったのですが、この暑さ。行きは良いけど帰りが辛くなりそうで断念。

そりゃ全長6キロ近くもあるコースですから、広いですよね(笑)

  • 日も落ち、いよいよレースも終盤

レースも時間が経過し、日が落ちてきました。

この時間帯になるとグランドスタンドの席の観客の皆さんにはペンライトが配られます。

そう、8耐名物?応援するメーカーのカラーがスタンドを埋め尽くす!


反対側から見るとすごいキレイなんだろうな!

私はグランドスタンドの下段に居たのでそこから見ていましたが、それでもきれいでした。

ライダーの皆さんはこれを視野に入れつつ、走っているわけで…

そう思うだけでテンションも上がってきます!



今年はセーフティーカーが入った時間が多く、200周回まで届かないかも?というレース展開でした。が、200周まで引っ張った!

チェッカーが振られてYAMAHA FACTORY RACING TEAMが4連覇!

前日のフリー走行で転倒負傷してしまっていた中須賀克行選手は走行しませんでしたが、アレックス・ローズ選手とマイケル・ファン・デル・マーク選手の2人で8時間を走り切りました。


ゴール後、表彰式の準備が出来たらスタンド席はコース上へのゲートが開かれ、一気にコースへと観客が流れ込みます。皆さん、落ち着いて!(笑)


興奮の表彰式が終わり、最後は打ち上げ花火で〆。

私の今年初めての花火が鈴鹿サーキットでした(^^)


急遽観戦しに行くことになった鈴鹿8耐でしたが、想像していた以上に楽しみました。

あまりに前情報というか予習をしないで行ったので、よくよくパンフレットを見たら、知っているライダーが何人も走っていたという申し訳ない状況でして。さらにお世話になっているBMW Motorradディーラーの店長が「BMW Motorrad 39」のピットクルーとして参加していたのを知ったのは、表彰式が終わり帰る前にパドックをうろついていたときでした(笑)


来年はちゃんと準備して、予習してから観戦に行こう。

そう決めたのでした(^^)

制作・協力

NANA-KO

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す