TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【ウエルカムプラザ青山】新型Gold Wingトークショー&Honda Dreamショールーム

  • その他の記事
  • 2018.04.09

先日東京の青山で開催された新型Gold WingトークショーとHonda Dreamショールームの模擬店をMATUさんがリポート。新型Gold Wingの魅力や、ホンダコミューターの雰囲気を味わえる貴重なレポートですね。

2輪ライターのMATUです。

4月1日、ウエルカムプラザ青山にて新型Gold Wingのトークショーが開催。

その他、4月から新販売網としてスタートする

Honda Dream&Honda Commuter青山ショールームの模擬店をリポートしてきました。

  • 新型Gold Wing発売記念トークショー

HondaのフラッグシップモデルであるGold Wingが17年ぶりに

フルモデルチェンジし発売することを記念して、トークショーが開催されました。

トークショーのMCには元ホンダワークスライダーの宮城 光さん、

新型Gold wing開発責任者の中西 豊さんを迎えて、

Gold wingのオーナーさんを始め多くの来場者の方を交えてスタート。


今回、フルモデルチェンジした新型Gold Wingは、

従来の車体と比較して40キロ以上の軽量化に成功しコンパクトかつスマートに。

そして外観も近未来的でスポーティな印象になりました。

従来の車体と一線を画す、そんな変貌を遂げた新型Gold Wingについて開発責任者の中西さんが、

新型の魅力や車体各部の構成、開発秘話などを解説。

MCの宮城さんもトークショー前から新型Gold Wingに試乗し市街地走行からタンデム走行、

ツーリングまでを行い新型Gold Wingの魅力を語ってくれました。

スクリーンを使い開発責任者の中西さんが、車体各部の構成など分かりやすく且つ丁寧に解説。


以前のテレスコピック式フロントサスペンションからダブルウィッシュボーンサスペンションに

変更することによりフリクションや振動の低減、

居住性の向上や車体のコンパクト化に伴う車体の軽量化への恩恵などを説明。

また、エンジン自体も軽量化やコンパクト化に成功。

それによりエンジン位置を24㎜車体前方に搭載することができ、ライダーの居住性がアップ。


また、今回の新型Gold Wingでは第三世代7速DCTが採用。

これにより複雑なクラッチ操作が無く簡易な操作性に。

特に、新機能の微速前後進機能(ウォーキングモード)には脱帽。


軽量化されたとは言え380キロ近くあるGold Wingでは、

駐車場などの狭い場所での車体の移動や切り替えしは大変に思われますが、

この機能の搭載により飛躍的に狭い場所での移動が楽ると思われます。


中西さんがスクリーン上で機能の解説をしてくれましたが、

実際に宮城さんが新型Gold Wingで実演してくれて機能の凄さを実感。


車体に跨った状態で、足でバランスをとりながらウォーキングモードを使うことにより、

本当に安全かつ簡単に車両を動かしていました。

トークショーの会場には新型Gold Wingとエンジンも展示され、

トークショーの最中に実際に中西さんや宮城さんが車体に跨り、

タンデム性や車体居住性、快適性などの良さも語ってくれました。


その他、Gold wingのオーナーさんや来場者の方から新型Gold wingの

Q&Aを受け付け、熱心に答えてもくれました。


トークショー後には、ウエルカムプラザ青山正面の前に飾られた

Gold wingオーナーの車両前で記念撮影も行われました。

また、その場でも開発責任者の中西さんはGold wingオーナーなどからの多数の質問に回答。

宮城さんも、新型Gold wingの良さを熱心に熱弁しながら機能の実演や質問に回答。

終了時刻を過ぎても、Gold wingについて熱く語られトークショーは盛況に終了しました。

  • Honda Dream&Honda Commuter青山ショールーム!

4月1日からHondaの販売チャンネルがドリームとコミューターの2つの販売チャンネルになりました。

それを記念して、3月27日から4月15日まで本田技研本社の青山ショールームでは

ドリームとコミューターの模擬店が設置され、

2つの販売チャンネルの雰囲気を味わうことができます。

今回、2つの新販売網が展開されHonda Dreamでは、

ホンダの全排気量のバイクを取り扱いホンダの専売店として始動。

Honda Commuterでは、50CC~250CCまでのバイクを取り扱います。


青山ショールームの模擬店には、ドリームとコミューターの2つのブースが設置され

各、販売網に即した車両の展示。

ドリームのブースには、NC750X


X-ADV


Gold wing


CB1300


CB1000Rの車両が展示され車両に跨ることができます。

新型車両や注目車両に跨り車両の雰囲気を味わうことができます。

また、Hondaのグッズやアパレルも多彩に展示されており楽しむことができます。

普段、サイトやパンフレットなどでしか商品を見ることができませんが、

模擬店では実際に手に取って商品を確認できるので、特にHondaファンにはたまらないでしょう。


実際のHonda Dream店でもバイク以外にホンダのグッズやアパレル商品などを展示、販売。

バイク以外にも、ライダーにモーターサイクルライフの提案をするなど、より身近な存在に。


ぜひ、現役ライダーの方以外にもドリーム店に足を運んで

モーターサイクルライフの雰囲気を楽しんで頂きたいと思います。


コミューターのブースには、

CBR250RR


新型PCX


クロスカブ110


スーパーカブC125


ジョルノの展示。

こちらも、新型車両や注目車両が展示され跨ることができます。

Honda Commuterの店舗は、小排気量を専門に扱い、

よりライダーに身近な街のバイク屋さんという位置付に。


4月15日までドーリム&コミューターの模擬店が開催されていますので

是非、足を運んで楽しんでみて下さい。

制作・協力

MATU

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す