TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.116 ホンダ・ドリームCB250

  • その他の記事
  • 2018.05.30

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今週のレア車は、CB250という車名となった初代のバイクである、ドリームCB250のご紹介です。

一概に「CB250」と言っても、現在まで派生する

その車種の多さは皆さんご存知の通りですが、

その中から、二代目のとなるドリームCB250のご紹介です。


初代のCB250と言えるのは1960年に発売されたCB72ですが、

CB250という車名になったのはこのモデルからになります。


CB72からフルモデルチェンジをし、フレームもエンジンも全面刷新、

今回のドリームCB250/350は1968年に発売されました。

同時に海外向けにはエクスポートというペットネームを付けて輸出、

国内外とも人気車となりました。


その後、CB250セニア、CB250T、CB250ホーク、などを継承し、

数々のモデルを発売しているのはご周知のとおりです。


エンジンのウンチクを言うと、

この年代のホンダ2気筒エンジンは、出力特性の違うエンジンを作っていたようで、

タイプ1とタイプ2と呼ばれる2種類がありました。


・タイプ1:180度クランク(高回転型)

・タイプ2:360度クランク(低中速型)


現車は人気のタイプ1で、最高出力は30psとなります。

ホンダはこのタイプの違うエンジンを

輸出向けと国内向けで使い分けていたようです。


TYPE-1のロゴが誇らしげ、

鏡面仕上げのタンクもいい感じです。


現車(国内モデル)はスピードメーターとタコメーターの一眼式。

オドメーターが縦型で斬新です。

今週出品される個体は外装良好、特にメッキの状態が良さそうですので

ビンテージ感あるその様相はマニア垂涎の一台ではないでしょうか。


制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol116-cb250