TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.117 モトモリーニ コルサーロ1200

  • その他の記事
  • 2018.06.06

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は知る人ぞ知るイタリアンバイク、モトモリーニ コルサーロ1200です。


モトモリーニは1937年にイタリア・ボローニャで設立された歴史あるメーカーで、1950年

頃にはGPレースで数々の勝利を飾るなどの輝かしい歴史がありますが、その後カジバ

傘下になり、一時は消滅状態でしたが、2004年に創業家筋により新たに復興しています。


今回ご紹介するコルサーロ1200は新生モトモリーニ初のモデルとして2004年に発表、翌年

発売されました。

エンジンは、87°V型2気筒1187ccの自社製で、現在モトモリーニでは、同エンジンを搭載

したオーソドックスなロードスポーツタイプの“11 1/2”、文字通りスクランブラータイプの

“スクランブラー”、アドベンチャー系の“グランパッソ”、そして今回ご紹介するストリートファイター

系の “コルサーロ”と4種類のバイクが発売されています。

ちなみにコルサーロとは“海賊”の意味だそうで、ストリートファイター系らしいネーミングですね。


日本では福田モーター商会が輸入販売開始、現在ではピーシーアイで取扱中です。

オリジナルエンジンに加えイタリア車らしくブレーキはブレンボ、フロントフォークはマルゾッキ、

リアサスはオーリンズと一流どころのパーツを装備していますが、現車は加えてテルミニョーニの

エキゾーストに換装されています。

外観的には、パイプトラスフレームに二灯式ヘッドライトとメーターバイザーの出で立ちから、

イタリア製D社やイギリス系T社あたりとの類似性を感じるせいか、今一つ目立たない印象

ですが、現行販売車とは言え、まず見かける事のないモトモリーニ。

人とは違うものに乗りたい人にはなかなか渋い選択だと思います。

独特のトラスフレームとオリジナルエンジン。

T車とは同じ複眼でもリングのせいかまた違った雰囲気です。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol1171200