TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.121 ホンダ モンキーバハ

  • その他の記事
  • 2018.07.04

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、先週に続きモンキーの派生車種となるバハです。


モンキーは長寿で人気車だっただけに数多くの限定車がありますが、今回ご紹介

するのは、限定車の中でも、R/RTに次いで変更箇所の多いバハになります。


モンキーについては既にこのコーナーで日本における初代であるZ50Mや、輸出専用

だったCZ100もご紹介していますので詳しい説明は割愛しますが、バハのベースと

なったのは、1984年にゴールドリミテッドとして発売され1999年まで発売された

A-Z50Jになります。

それをベースに、当時人気を博していたXLR250バハや、レーサーのXR600をモチーフ

とした専用タンク、デュアルヘッドライト、ナックルガード、サイドカバーなど、オフロード

テイストの外装としたモデルで、1991年に発売されました。

翌1992年にはXLR250バハのカラーリング変更に合わせトリコロールカラーに変更され、

2001年まで生産されました。


前回ご紹介したRはいわゆるネイキッドタイプでしたが、その後改良されたRTはアップハン、

ブロックタイヤ等オフロードテイストでまとめられており、後継車であるバハは、車体こそ

Rを継承しなかったものの、よりオフロードテイストを強めた進化モデルと言えるのでは

ないでしょうか。


現車はトリコロールに変更される前のバハで、年式なりの小キズやサビもありますが、外装の

色褪せもなく、良い程度を保っています。

走行も1,000Km未満ですし、バハに興味のある方には是非お勧めしたい1台です。

2灯式ヘッドライト流行りましたね。

汚れやすいシートもきれいです。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol121