TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.122 ハスクバーナ NUDA900R

  • その他の記事
  • 2018.07.11

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、ハスクバーナ異色のロードスポーツ、NUDA900Rです。


ハスクバーナNUDAは、BMW傘下時代の2012年に発売された異色のモデルで、BMW

傘下だけあって、F800シリーズのロータックス製パラレルツインエンジンをベースに排気量

拡大などのチューニングを行っていますが、このバイクの最大の特徴は他のどれにも似ていない、

独特のスタイリングにあります。

世界3大デザイン賞と言われる「reddot design award 2012」のベスト・オブ・ザ・ベスト

を受賞したそうで、写真で見ると?という感じですが、実物はエッジの立った複雑なラインを

描いていてとても魅力的で、受賞もなるほどと思わせます。


スタイルばかりに目が行きますが、もともとストレスなく回るロータックスエンジンをチューニング

した900㏄エンジンに、乾燥重量175Kgですから走りは軽快そのものだそうです。

今回ご紹介するNUDA900Rはベースモデルの900に対し、フロントブレンボキャリパー、

オーリンズショックを装備した上級仕様となります。

残念ながら2013年にBMWがKTMにハスクバーナを売却してしまった為、このNUDAも

僅か2年というモデルライフで終了してしまい、日本には一説ではトータルで100台にも

満たない数しか輸入されなかったそうで、絶対数でもレアなモデルとなります。


ちなみに欧州バイクメーカーで親会社が変わるのはよくある話ですが、ハスクバーナもご多分に

漏れず、1987-2007年はカジバ、2007-2013年がBMW、2014-現在までがKTMと

変わっています。

つい先日も久々のロードスポーツ、ヴィットピレンを発売しましたし、KTM傘下で魅力ある

モデルをまた生み出してほしいものです。


現車はそんな希少なNUDAの900Rになります。距離は20,000Km超とそこそこ出て

いますが程度は良く、前オーナーが大切にしつつ走りを楽しんでいた様子が伺えます。

なかなか市場には出てこないNUDA。気になる方は今がチャンスです。

シンプルなメーターまわり。

特徴的なタンクの形がよくわかりますね。しかしすごい造形!

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol122nuda900r