TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

今週のレア車 Vol.130 ラベルダ 750Sフォーミュラ

  • その他の記事
  • 2018.09.12

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、今はなきイタリアンブランド、ラベルダの750Sフォーミュラです。

ラベルダは、1873年に創立された農業用エンジンの会社がルーツですが、創業者の孫が

第二次世界大戦後の1949年に興したバイクメーカーがスタートとなります。


75㏄の4ストシングルエンジンの小さなバイクからスタート、レースで成果を上げるなどして

知名度を上げ、1970年代には1,000㏄のスポーツバイクを生み出すまでになりましたが、

ホンダ・カワサキ等の日本メーカーの伸長により、1985年にはその歴史を閉じます。

しかしながら1993年にFrancesco Tognonという投資家が権利を買い取り、新生ラベルダ

として一旦復活させるものの、新生ラベルダも2000年にはアプリリアに買収、更にそのアプリリア

も2004年にピアジオグループに買収されてしまいました。

そしてピアジオグループは買収時点でラベルダブランドの終了を発表、今日に至っています。


今回ご紹介する750Sフォーミュラは新生ラベルダの時代の製品で、ベースとなる750Sに対し

フルカウル、エンジン始め各種チューニングを行ったスペシャル仕様です。

エンジンスペックは水冷4ストパラレルツイン750㏄、最高出力66.3Kwですから90馬力ぐらい

でしょうか。ちょうど同時期に発売されていたドゥカティ748が97馬力ですので、ほぼ同じような

スペックに、パイオリサスにブレンボブレーキ、マルケジーニホイール等、イタリアンバイクならではの

パーツに、これまた有名なニコバッカーのフレームとなかなかの装備を有しています。


現車はところどころ経年劣化は見えますが全体的な程度は良好で、前オーナーが大切に

していた様子が伝わってきます。

1997年に発表されているようですので、かれこれ20年前のバイク、しかも超レアなのでパーツ

供給など心配な点もありますが、エンジンは独特の特性でなかなか刺激的なようですし、イタリア

好き、ツイン好き、人と違ったものが好きな人は冒険してみてはいかがでしょうか。

ビモータYB4/7あたりに似てます。デザイン的にはちょっと古めかな・・・

パイオリマルケブレンボ! フォークアウターロゴ入りですね。凝ってる。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol130750s