TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

今週のレア車 Vol.137 スズキ SW-1

  • その他の記事
  • 2018.10.31

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。 今回は、変わっている度合では1・2を争う市販車、スズキのSW-1です。

SW-1は1992年にスズキから発売された、ご覧の通りノスタルジックとも独創的とも言える、フル

カバードされた外観が特徴の250㏄バイクです。

タンクに見える部分とリアタイヤのカバー部分は物入れになっており、燃料タンクはフロントシート

にあります。エンジンは後のボルティーやST250にも採用された4スト空冷単気筒で特段特徴は

ありませんが、ベルトドライブであることや、シーソー型シフトペダル(アップ時は前、ダウン時は後

ペダルで操作。革靴で乗っても傷つかない配慮だとか)など、メカ的に拘った部分が散見されます。


非常にユニークなスタイルで凝ったバイクでしたが、同じ時期に発売されていたCBR250RRが

610,000円、CB400SFが589,000円だったのに対し、688,000円と、スペックを考えると

非常に高価であった事もあり、僅か4年程の販売期間で終了してしまいました。

然しながらスタイルの評価はそれなりにあったようで、2004年にSW-1を髣髴とするスタイルの、

ST250Eをベースにした「TypeSカスタマイズ」が200台限定で発売されました。


ちなみに、SW-1のコンセプトワークは坂井直樹さんという方が行っており、この方は車から化粧品

まで多様な製品コンセプトに携わっていますが、日産のBe-1、PAOも手掛けたようです。

なるほどという感じですね。

また発売時の1992年にはグッドデザイン賞も受賞しています。ちなみに同じ年の二輪受賞は

他にNR750、バリオス、DioZXなどがありました。


現車はSW-1の走行15,000km程の車両になります。退色などもあり全体的な程度はそれなり

ですが、経時劣化で色が変わってしまうメーター回りのメッキも生きており、素性はよさそうです。

絶対数が少なく、市場に出回っているものも結構いいお値段がしますので、ベースとしてしっかり

仕上げて、きれいに乗ってほしいものです。

ハンドルさび等ありますが、基本的にはきれいなメーター回り。

他販売店保有のST250EタイプSです。雰囲気は似てますよね。

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol137sw-1