TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.206 ホンダ・GL1100インターステート

  • その他の記事
  • 2020.05.28

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今週のレア車は「ホンダ・GL1100インターステート」のご紹介です。

GL1100インターステートご紹介の前に、ゴールドウィングの歴史を振り返ってみます。



ゴールドウィングの歴史は以前ご紹介した

【今週のレア車】Vol.36 ホンダ・GL1000まで遡ることができます。

https://www.moto-auc.com/report/else/vol36



GL1000はアメリカで1974年に発表、翌75年から発売されました。

当時はネイキッドモデルでしたが、優れたロングルーリング性能が評価され、

後付カウルやサイドボックスなどアフターパーツメーカーから多数発売され、

ユーザーが自分好みにカスタマイズできるようになりました。



そして80年にモデルチェンジした二代目ゴールドウィングGL1100は、GL1000の反響もあり、

ノンカウル仕様のスタンダードモデルと、カウル付仕様のインターステートの2つのタイプを選べるようにしました。

インターステートはフェアリング、サドルバッグ、トランクを標準装備として、ステレオサウンドシステムをオプション設定としました。



排気量は1085ccまで拡大させ、より力強さを発揮できるようにしました。

ホールベースを長めにとることで安定性を向上させ、大型シート、ワイドハンドル、

前後のサスペンションによって快適性もアップしました。

こうして長距離ツアラー仕様のゴールドウィングが誕生し、ゴールドウィングのゴージャス化が始まりました。



制作・協力

バイクの窓口事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol206gl1100