TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.210 ホンダ PC800パシフィックコースト

  • その他の記事
  • 2020.06.24

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今回は、ホンダ PC800パシフィックコーストです。

このバイクをはじめて目にした時は、正直「なんだかバイクらしくないバイクだなぁ」と思いました。


その理由は、あまりにも隠れているからです・・・。

フレームもエンジンも、フロントフォークもブレーキディスクもなにもかもがカウルで隠れていて、ある意味車っぽいと思ってしまいました。(あくまで私見です。わかりづらかったらスイマセン)


逆にこういったモデルが生まれた背景に興味がわいて、調べてみたら意外に新しいバイクだということがわかりました。

新しいといっても1990年11月発売なので、30年近くは経過していますが(^_^;)。


予想したとおりターゲットはヨーロッパやアメリカ、主に北米向けに開発されたようで、当初は輸出仕様車となっていますが、ほどなく日本国内向けにも販売が開始されました。


コンセプトは、より楽しく快適にツーリングできることを目指した長距離ツーリングバイク、そのため空力特性を徹底的に追及した結果、このようなエアロダイナミクスを感じさせる一体型フルカバーボディになったとの事で納得!


エンジンも長距離走行での快適性と機能性を重視したスリムでシンプルな水冷V型ツインエンジンを採用しています。

またエンジン本体をラバーマウント化しシャフトドライブ方式を採用するなどメンテナンスフリーと静粛性を追求しているのも特徴です。

ボディ側でも先に説明したフルカバーボディの他、フロントスクリーンの下にエアダクトを設け、風切音の低減に貢献しています。

一体型のリアトランクには最大で2個のヘルメットが収容できるそうで、タンデムツーリングの際に役立ちそうですね♪


このように詳細を調べれば調べるほど、快適なロングツーリングの為にこのようなフォルムのバイクになったんだなぁと思いました。

そうすると不思議なもので、すごく機能的なバイクに思えてきました。


今回の個体は初期型のヘイジーグレイメタリック、程度もよさそうです。

今は梅雨真っ只中ではありますが、カラっと晴れた日には、このバイクで、高速道路を使って遠出もいいですね。

オークション結果が楽しみです♪

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す
CollectionHandle = vol210pc800