TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.38 スズキ・ST250Eタイプ・Cカスタマイズ

  • その他の記事
  • 2016.11.02

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今週のレア車は、「スズキ・ST250EタイプCカスタマイズ」のご紹介です。

今回は「スズキ ST250EタイプCカスタマイズ」です。


ST250は、ボルティーの後継車種として2003年に発売された250㏄空冷単気筒のバイクで、

クラシカルなスタイル、シンプルな構造故、カスタムベース車両としても人気のあるバイクですが、

この”タイプCカスタマイズ”は、れっきとしたメーカー純正の特別仕様車となります。


街中や販売店店頭で見かけるのは、2008年にマイナーチェンジされ、インジェクション化・

各部質感が向上したEタイプが多いですが、この”タイプCカスタマイズ”は第37回東京モーターショーに

参考出品された2種類のST250デザインスタディモデルの1つを実際に100台限定で2004年に

市販化されたものです。


”タイプCカスタマイズ”は、セパハン、バックステップ、フロントビキニカウル、シングルシート、

アルミフェンダー等で架装されたカフェレーサースタイルになっていますが、

同時に発売されたもう1種類のカスタムである、”タイプSカスタマイズ”は、かつて発売されていた

SW1をオマージュしたような、レッグシールド、大型フェンダー等でレトロチックにカスタマイズされた

全く異なるスタイルでした。

限定200台で発売されましたがなぜかこちらの方が更にレアで、

市場に出てきたのを見たことがありません。


現車を見ると、いわゆるカフェレーサーのツボを押さえたカスタマイズで、いかにもメーカー仕様車らしく

そつのない仕上がりになっています。

ベースのST250の実用車的な感じと随分印象が異なり、いい感じですね。

以下写真は第37回東京モーターショー参考出品車のデザインスタディモデルAです。

かなり忠実に市販化されてますね。

こちらはデザインスタディモデルB(タイプSカスタマイズ)

出典

http://pub.tokyo-motorshow.com/sr_mc_suzuki_d021.h...

http://pub.tokyo-motorshow.com/sr_mc_suzuki_d022.h...


制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す