TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

【今週のレア車】Vol.43 カワサキEN400

  • その他の記事
  • 2016.12.07

毎週木曜日に行われる業者間バイクオークションに、全国から出品される中古バイクの中から、レア車をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今回は、Vツインじゃないバルカン、EN400です。


このバイク、実は初代「バルカン」なんですね。


EN400は水冷2気筒DOHCパラレルツインエンジンを搭載し、1985年から1995年まで

発売された、Z400LTDの後継車にあたるバイクです。

A・B・C型とありましたが、そのうち1990-1994年のB型は「バルカン400」と言う名称で

発売されていました。

残念ながら現車は400Aなので正確に言えばバルカンではないですが。


現在に続くVツインエンジンのバルカンは既に1984年北米で登場、人気を博していましたが、

その頃の日本では、アメリカンの勃興期によく見られた、このEN400のようなロードスポーツ

バイクをベースにチョッパースタイルに作り変えたタイプがまだ主流の時代でした。

しかしながら1988年に発売されたホンダスティードのヒットに伴い、Vツイン、専用車体設計の

アメリカンの流れが決定的となり、カワサキも追随する形で1995年に、現在に続くVツイン

エンジン、専用設計のバルカン400、800(VN400/800)を発売します。


つまり初代バルカンは、「EN400の名称変更版」で5年ほど販売したが、1990年に登場した

VN400/800の発売に伴い「名前を譲って(はく奪??)」EN400に戻り、ほどなくしてモデル

ライフを終えた、ということになるんですね。


当時ツイン最強クラスであったGP400SやEX-4と基本的に同型のエンジンで、高い動力性能の

評価は高かったようです。

色々な意味で時代の波に翻弄された経緯を持つバイクなんですね。

同形エンジン搭載のGPX400Sです。発売年数短くこちらの方がレアかも?

出典 http://bike-lineage.jpn.org/

制作・協力

バイクの窓口編集部

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す