TOP

中古バイクを探すならバイクの窓口

中古バイクを買うときに知っておきたい2つのこと

  • バイクのメンテ記事
  • 2017.12.14

中古バイクには、価格が安いなど、新車にはない魅力があります。そして時には、新車ではなく中古車でなければならないという方もいるでしょう。 では、中古車のメリットとは何か、中古車を買うときの注意点は何か、どういうショップで買うのがいいか、これらについて解説します。

  • 中古車のメリット

中古車のメリットとしては、主に次の3つがあげられます。

・価格が安い

・好みのカスタマイズがされていれば、自分でする必要がない

・慣らし運転がいらない

中古車とは、かつて他者が所有していたバイクであり、購入後すぐに手放した場合でなければ、年式は古く走行距離もいっていますから、価格は安くなります。

また、自分好みのマフラーやハンドルが装着されていれば、改めて新品を買う必要がありませんね。

また、欲しいバイクがあるが現在新車では買うことができない場合は、必然的に中古車から選ばなくてはなりません。

  • 中古車を買う時の注意点

中古車を買う時には、いくつか注意すべき点があります。

・車検証の車体番号や走行距離と現車が合っているか

・フレーム曲がりなどの重大な修理歴がないか

・メーターの巻き戻しはないか

・走行距離と車体の状態が合っているか

・エンジンに異音はないか

・違法な改造がされていないか

など、たくさんあります。

どれも見落としてはならない点ばかりですが、排気量によって注意すべき点は違ってきます。

まず、原付から250ccクラス、スクーター等は、エンジンを酷使されてきたバイクが多いです。いわばブン回して使われていたので、チェックはエンジン異音やオイルにじみ等を中心に行います。

次に、SS(スーパースポーツ)は、峠やサーキットで走り屋が乗っていた可能性が高いです。転倒歴がないか、フレームに再塗装のあとはないか、エンジンの一部だけ新しくないか等をチェックします。

そして、リッタークラスの大型となると、車体が重いですから、まず車体の可動部が傷んできます。ステアリングヘッドやスイングアームのガタがないか、チェックしましょう。

不安な場合は、バイクに詳しい友人などに一緒に行ってもらうのがいいでしょう。
  • 中古車を買うショップの選び方

中古であってもバイクは高額な買い物ですから、同じ買うなら、気に入った1台を、安く買いたいものですよね。

今ではインターネットの掲示板や口コミもあり、それを参考にすることもできますが、距離が遠い場合もあります。

そこで、お勧めのショップを2つご紹介します。

1つは、全国展開しているバイクチェーン店です。中古買い取り専門の直営ショップもあります。

もう1つは、1メーカーだけの看板を掲げたショップです。販売されている車種は、そのメーカーがメインとなりますが、安心できるショップと言えます。

また両者とも、「認定中古車」(メーカーやショップによって呼び名は違います)制度があり、買い取った中古車の交換すべき部品は交換し、きちんとメンテナンスしたうえで販売されています。

いわゆる「街のバイク屋さん」もありますが、近年はバイク人口の減少から、店舗数も減少しています。
制作・協力

バイクネットAJ事務局

関連記事一覧バイクの窓口アイコン

  • バイクを売る
  • レンタルバイク
  • バイクを直す